blog

【起業前に知らなきゃ大損】10倍稼ぐ収益化術とは?

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on facebook

最近では、『副業やってみましょう!』、『自分で稼げる時代ですよ~』という話を聞く機会が多くなっているせいか、自分でビジネスを始めたり、副業を始めたりしている人が増えてきております。

 

しかし、ビジネスや副業を取り組まれている皆様は、ちゃんと稼げてますでしょうか?中には、収益が0の方もいれば、稼げていたとしても時間に追われて厳しい方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回は、そんな方々に向けて高収益を上げる方法を紹介していきます。しかも、ただの収益を高める方法ではなく、同時に皆様の自由な時間も増やすような方法も紹介していきます。今回の話を知っているか知らないかでは、大げさかもしれませんが、人生単位で収益が段違いになっていきます。

 

また、これから新しくビジネスや副業を始めようと考えている人も必見の話となりますので、最後までご覧いただければと思います。

 

※動画で学びたい方はコチラ!↓

 

 

【大前提】儲かるビジネスと儲からないビジネスの最大の差とは?

どうやってビジネスや副業を通じて皆様がお望みの高収益を得ていくかという方法の話に入る前に、そもそも儲かるビジネスとは何なのかを考えていきたいと思います。いきなり高収益に繋がるテクニックやノウハウを紹介しても良いのですが、結局の所、本質的な部分が分からないままですと、儲けることが難しくなっていきます。

 

『早く儲ける方法を知りたいですよ!!』とちょっと焦り気味の方も、今一度「丹田式呼吸」していただき、その上で儲かるビジネスとは、何なのか一緒に考えていきましょう。

 

当たり前の話かもしれませんが、儲からないビジネスをどんなに続けても、残念ながら儲かることはありません例えば、皆様が1本100円で販売する団子屋さんを経営しているとします。

 

材料費や人件費など団子を提供するのにかかるコストがトータル「100円」でしたら、どうでしょうか?お客様からは『美味い、安い!』といった嬉しい感想をもらえるかもしれません。

 

しかしながら、一向に儲かりません。仮に、この団子を1年間売り続けたとしても、お客様からはどんどん嬉しい声をもらえるかもしれませんが、残念ながら利益は入ってきません。

 

仮に、1本200円に値上げすれば、単純でありますが100円の利益が入ることになります。このように、これから行うビジネスが儲かるか、儲からないかは、提供のコストや価格設定などにより事前に見極めることができます。

 

ですから、予め儲かるようにビジネスを設計していく必要性があります。しかしながら、儲かるビジネスを行おうとした時には、今度は別の問題が生じていきます。

 

例えば、売上の多そうなラーメン屋を思い浮かべてみてください。美味しいラーメンを提供していて、行列の絶えない姿が皆様もイメージできたかと思います。そんなラーメン屋さんでしたら、確かに儲かっているかもしれません。

 

しかし、時間的な余裕はどうでしょうか?ひっきりなしにお客様が来るかと思いますので忙しいです。つまり、儲かるビジネスを行うことで儲かりますが、逆に忙しくなってしまう場合があります。

 

皆様の中では、『儲かっているのに、どんどん忙しい状態になってしまうのは何故なんだ??』と疑問を抱かれた方もいらっしゃるかと思います。忙しくなってしまう要因は、私たち人間の脳の仕組みが大きく関わっております。

 

人間の脳には、大きく3つの脳の特徴がございます。自身の欲求・本能により判断を下す「爬虫類脳」、繋がりや愛を意識する「哺乳類脳」、そして論理的に物事を考える「人間脳」の3つがあります。

 

この中でも、私たちが「爬虫類脳」に支配されることで、自身の欲求を満たすためにますます稼ごうと行動し、結果的に忙しい日々になってしまいます。この一連のメカニズムが、いささかわかりにくいかと思いますので、分かりやすく説明していきます。

 

お金を手に入れた時、稼げた時には、やはり誰もが嬉しい気分になります。皆様も給料日に、口座にお金が振り込まれていた時には、『よっしゃー!』と嬉しい気持ちになるかと思います。

 

そんな時に私たちの脳内では、快楽ホルモンである「ドーパミン」が分泌されていきます。そして、本能的な「爬虫類脳」は、さらなる「ドーパミン」による快楽を求め、ますます稼ぐ行動を促していきます。

 

その結果、快楽のためにお金を稼ぐ行動が増えるため、日々が忙しくなってしまうのです。このように、「爬虫類脳」に支配され、お金を得ることの快楽に取り憑かれてしまいますと、仮に儲かっていたとしても、毎日が忙しくなってしまいます。

 

ただ、皆様は、お金を稼ぎつつも、やはり時間的な自由も欲しいかと思います。そこで、重要なポイントがございます。それは、儲かるビジネスでありながらも、なおかつ時間的にも自由になるものを事前に設計する必要があります。

 

『事前に設計ってどういうことですか?』と思われた方も、この後しっかり解説していきますのでご安心ください。

 

※私たちの行動を大きく左右させてしまう「ドーパミン」に関しては、下記の記事で解説しております。実は、これを上手く活用すれば私たちのマーケティングの大きな味方にもなります。

リピーターを10倍増やすドーパミンマーケティングとは?

 

 

収入も時間も自由なビジネス「ポケビジ」とは?

では、お金を稼ぎつつも、時間的なゆとりも得られるそんなビジネスをどうやって作っていけば良いのか説明していきます。単に、お金が欲しいだけのビジネスを行いたいのであれば、先程のように儲かるビジネスを目指していくことになります。

 

しかしながら、儲かるだけのビジネスでは、忙しいだけで終わってしまいます。そうならないようにするためにも、皆様の中でどんなビジネスをしたいか、ビジネスの目的、ライフスタイルの中でのビジネスの位置付けを事前に考えておく必要があります。

 

例えば、皆様の中で家族と一緒の時間を大切にするようなライフスタイルを目指しているとします。そうなりますと、先程のただ儲かるだけのビジネスを行なってしまいますと、家族との時間の確保は、難しくなっていきます。

 

「家族と一緒に過ごすライフスタイル」という目的を達成するためのビジネスを考えていく必要がありますが、皆様でしたらどんなアイデアが思いつきますか?やはり、時間の確保、時間の自由が1番必要になってきますので、そのためにもクレームが少ないような状況を作っていく必要があります。

 

商品やサービスを提供していますと、お客様から『これって不良品ですか?』『この商品、効果がないんですけど!』など、クレームが入ることがあるかと思います。ただ、クレームを言う人の中でも、自分勝手なクレームを言う方がいらっしゃいます。

 

そんな方ばかりを集めるようなビジネスを行なっていますと、仮に儲けを出すことができたとしても、クレーム対応に追われ、忙しい日々となります。クレームが少ない状況を作るためにも、商品やサービスを心から愛したり、紹介したりしてくれるような「良客」を集めたビジネスを行なっていく必要があります。

 

「良客」を集めれば、クレームに悩まされることは少なくなり、さらには、勝手に商品の紹介を紹介したりしてくれますので、自分から宣伝する時間をかけずに済みますので、結果的に自身の時間が自由になっていきます。

 

そんな「良客」を集め、時間的にも、収入的にも自由を実現できるビジネスモデルとして、『ポケビジ』がございます。『ポケビジ』とは、事前に「出口」を設計し、「軌道修正」でき、なおかつどんな時間でも、どんな場所でも行うことができる自由なビジネスであります。

 

そんな自由度の高いビジネスモデル『ポケビジ』では、決して儲けだけに走ったり、過酷な労働を行なったりするようなビジネスではありません。なるべく働かず、自身が居なくても自動で回るような仕組み、世の中にまだ存在しないもので、世の中に貢献できるような仕組みを作るビジネスであります。

 

このようなビジネススタイルによって、「良客」だけを集められ、周りから感謝されるようなビジネスを行うことができます。『いや~、そんな夢物語のようなビジネスは、本当に可能ですか?』と思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

1番最後に、この『ポケビジ』を構築していく方法をご説明していきますので、この後も楽しみにご覧いただければと思います。

 

 

年収の大小で段違い!?日々の行動と意識の違いに迫る…

ここまでの説明で、私たちがビジネスにおいて時間的な自由を手に入れていくためにどのようにビジネスを行なっていけばいいのかお分かりいただけたかと思います。ここからは、私たちが日々ビジネスで儲けていく上でどのようなアクションを行なっていけば良いのか見ていきます。

 

皆様も驚かれるかもしれませんが、実は、年収の大小によってビジネスで日々どんなことを行なっているのか、意識していることが大きく変わっていきます。年収の区分けとしては、大きく6つに分類されます。

 

年収別のビジネスへの意識・行動の違い

 

と以上のような6つに分類されていきます。年収ごとにどんなビジネスを行うのか、あるいは、どんなことを意識しているのか見ていきたいと思います。まずは、年収0~700万円の用意されたビジネスで稼ぐ人であります。

 

彼らは、自身で1からビジネスモデルを構築するのではなく、既に誰かが作ったビジネスモデルを元に稼いでいきます。例えば、ある商品をeBayやAliExpressなどの海外通販サイトで安く買い付け、メルカリやラクマなどで売るような「転売」、ある特定の商品を友人などに販売すれば紹介料をいただき儲けていく「MLM(マルチレベルマーケティング)」などがあります。

 

このような誰かが作ったビジネスでは、確かにある程度の金額は、稼げるかもしれませんが、本当に稼げる人は、数%であります。

 

一方で、この誰かに用意されたビジネスに、ひと工夫して稼ぐ人たちは、年収500~1000万円を稼いでいきます。このひと工夫する人たちは、元々あるビジネスの形を崩していきます。

 

例えば、インターネット回線の営業を行って稼ぐとします。このような営業では、インターネット回線を契約してもらえた人数分だけ収入が増えてくる、つまり歩合制になっていきます。

 

皆様でしたらこのインターネット回線の営業で、より高収入を得るためにどんなことをされますか?『とにかく沢山の人の所へ営業していきます!』『いや、相手の心を掴むコミュニケーション能力を磨きます!』などなど、営業のやり方をより良くすることを考えた方もいらっしゃるかと思います。

 

しかしながら、1人で営業するとなりますと、1日に会える人数にも、時間にも限りがございます。そのため、ある程度稼げるかもしれませんが限度が出てきます。では、ちょっと工夫してこういうのは、いかがでしょうか?

 

自身で営業を行うのではなく、インターネット回線の営業を行うオーナーとなり、自分の代わりに人を雇い、その方々に営業を行わせていくのです。そうすることで、1日でより多くの人に対して営業することができますので、1人で営業する以上の高収益が期待できます。

 

対して、最近では、スキルを活かして稼ぐ人たちも出てきております。皆様の中でも、動画編集やWebデザイン、プログラミングなどといったスキルを活かして稼いでいる方もいらっしゃるかもしれません。

 

スキルを活かして稼ぐ人たちは、主にランサーズやクラウドワークスなど、外注サイトから仕事の依頼を受けて、納品して稼いでいきます。ただ、このような人たちは、どんなにすごいスキルを持っていても、年収1500万円程度が限界となっていきます。

 

では、皆様もさらに高収入を得ている人たちが、どんなことを日々行なっているのか、どんなことを意識しているのか興味深い所であるかと思います。年収数千万円を超えるような収入を得ている人たちは、自身で血眼になって働くことはしません。

 

自分が居なくても回るような仕組み作りを心がけ、仕組みを通じて稼いでおります。前述の誰かに用意されたビジネスを行なっていったり、スキルを稼いだりするとなると、どうしても自分自身の労力=収入となっていきます。

 

そうではなく、自分以外の人を巻き込んだり、インターネット上の便利なツールを活用したりすることで少ない労力でありながらも、最大の成果を自分が居なくても得られる仕組みを作ることができます。

 

さらに、この自分が居なくても回るような仕組みに、最高のスキルや人間力、時代の流れを読むセンスが加わっていきますと、ますます高収入を得られるようになっていき、億単位での収入を得ることも可能になっていきます。

 

また、皆様の中には、『年収数十億!!』と超高収入を目指したい方もいらっしゃるかもしれません。そうなっていきますと、市場を支配していく必要性が出ていきます。例えば、〇〇といったらこのブランドと言われるくらい、マーケットを支配しなければなりません。

 

あるいは、権威性と収益性の高いのビジネスを構築し、ビジネスをM&A(ビジネスの売却)していくことで年収数十億を叩き出すことも可能であります。

 

このように、日々どんなことを取り組むか、どんなことを意識するかで、その後の年収が大きく変わっていきます。ただし、高収入を得られるようになったからといって、良いことづくめであるとは限りません。

 

といいますのも、日本の税制上、高収入の方はより多くの税金を納めていく必要性があるからであります。日本では、所得税の計算方法として、累進課税というスタイルを取っております。

 

累進課税では、収入が多ければ、多いほど、税金の負担が大きくなっていきます。そのため、高収入が得られたとしても、その分納める税金が増えるため、手元に残るお金が少なくなってしまいます。

 

ですから、少しでも税負担を減らすために、人によっては自身の給料を120万円程度に調整して、あとは、役員報酬や配当という形で自身のビジネス・会社からの収益をいただくようにしている人もいます。

 

ここまで、年収の大小によって行う行動の違いに関して見ていきました。やはり、スキルで稼ごうとする人たちと自分が居なくても回るような仕組みで稼ごうとする人たちでは、脳の使い方が大きく異なっていきます。

 

例えば、皆様の所へ日給4万円の死体洗いの依頼が来た時、どうされますか?日給が高いので、我慢して自分自身でやろうとする方がいらっしゃるかと思います。でも、こういった考え方もあります。

 

わざわざ自分自身で行おうとするのではなく、人に任せるような仕組みを作ることも可能であります。仮に、この死体洗いの依頼でしたら、まずは、今すぐにでも収入が欲しい人を集まるようなHPやSNSを作っていきます。

 

そして、自分の代わりにやってくれる人に依頼し、日給のうち3万円は自分の代わりにやってくれる人に渡し、仲介料と題して自身が1万円をもらうということも可能であります。このように、常日頃から自分が居なくても回るような仕組みを作ることが、お金的な余裕も、時間的な余裕も作ることに繋がっていきます。

 

また、〇〇案件、転売、MLMなど予め仕組みが用意されているようなビジネスですが、確かにキャッシュフローの道のりは分かりやすいかもしれません。しかしながら、時代の流れによって需要と供給が変わることで、仕組みが用意されているビジネスが儲からなくなる場合がございます。

 

なぜなら、誰かが作ったビジネスでは、自分自身でどうやって軌道修正が分からないからであります。そのため、仕組みが用意されたビジネスは、結局永続性の無いものとなっていきます。

 

時間的にも、経済的にも長期的なゆとりを生み出すような仕組みを作っていくためには、2つの能力を身につけることがキーポイントになっていきます。それは、軌道修正能力設計能力であります。

 

この2つが備わっているかどうかが、私たちの年収の大小にも大きく関わっていきます。1つ目の軌道修正能力とは、自身が思い描くビジネスの理想形と現状を見比べ、そのギャップを埋めていく上で大事な役割を担います。

 

具体的には、新しいことを始めたり、今までやってきたことをやめたりする際に必要な判断力、何かを行なっていく上で肝心なリソースの確認、正しく現状を理解する分析力の3つが、軌道修正していく上で必要となっていきます。

 

もう1つの設計能力は、ビジネスを長期的な仕組み化を行なっていく上で必要となります。世の中では、何が求められているのか知るマーケット感覚、自分が居なくても回るようにしていく仕組み化、どうお客様に売り込んでいくかのセールスがビジネスを設計していく上で必須であります。 

 

長期的収益を得るビジネスを作るスキルとは?

 

 

儲ける人たちが行う本当に儲けを出すコツとは?

ここまで、年収の大小の金額の差を通じて、行動や意識の違いにフォーカスしていきました。高い年収を得ている人たちが、いかに工夫してビジネスを行なっているか皆様もお分かりいただけたかと思います。

 

ここからは、いかに儲けを出していくかということについてお話ししていきたいと思います。実は、儲けを出すためには、ある一定の数値を目指していくことが必要となっていきます。

 

それは、粗利70%以上を目指していくことであります。いきなり「粗利」と言うイマイチ聞きなれない言葉が出てきて困惑されている方もいらっしゃるかと思います。

 

粗利とは、売上から売上原価または製造原価を引いた後に残る利益になります。(粗利=売上-原価)

 

しかしながら、あまりにも辞書的な説明で、もう一つピンと来ていない方が大多数であるかと思いますので、具体例を挙げながら「粗利」に関して解説していきます。例えば、皆様が帽子屋さんであるとします。

 

帽子を300円で仕入れを行い、1000円で売ります。さて、この時に「粗利」はいくらになりますでしょうか?この時の原価は、仕入れ代の300円です。売上1000円-原価300円ですので、700円が粗利になります。

 

また、この粗利から人件費など諸々引かれることになりますが、儲かるビジネスとして粗利70%以上が1つの基準になっていきます。実は、このような粗利の高いビジネスは、皆様の身近にもございます。

 

いくつか代表例を挙げていきますと、動画や電子書籍などのコンテンツビジネスがあります。多くの場合、コンテンツの販売額を自由に決められるため、粗利を高くすることが可能です。

 

また、デジタルコンテンツは、服や日用品などの形のある商品と大きく異なるのが保管やお客様の元に届けるコストがさほどかからないことです。服や日用品を販売するようなビジネスですと、どうしても倉庫を借りたり、配送料がかかったりしていきます。

 

その一方で、デジタルコンテンツでしたら、保管するためのクラウドを借りるにしても、リアルな倉庫を借りるよりかは、安く済みますし、Amazonやnoteなどのプラットフォームを借りて販売するにしても、手間もお金もさほどかかりません。

 

また、同じようなことは、オンラインのインフラにも言えます。動画を投稿できるプラットフォームとして、YouTubeやVimeoなどがあります。これらもかかるコストとしては、サーバー代がかかりますが、膨大な倉庫や倉庫を整理する作業員を雇うよりかは、安く済みます。

 

このように、オンラインを活かしたビジネスは、コストが大きくかからないため、粗利が自然と高くなっていきます。また、オフライン中心のビジネスでも、ルイヴィトンなどのブランドビジネスでは、粗利が高いものとなっています。

 

粗利をより高くしようとすることで、自然と儲かるビジネスにすることができますが、一方で気をつけるべきこともございます。それは、儲かっているビジネスは、嫌われやすいことであります。

 

例えば、皆様の身近に投資で1億稼いでいる人とモバイル空気清浄機で1千万円を稼いでいる人がいましたら、皆様はどちらの人と仲良くなったり、色々話を聞いてみたりしたいですか?

 

無論、額だけでいったら前者に惹かれるかもしれませんが、やはりサービスの開発の様々なエピソードが聞けそうな後者の方が気になりませんでしょうか?人は、単に儲かっているだけの人には、興味は行かず、様々なストーリーを持っている人に関心を抱くのであります。

 

ですから、皆様がもし儲かるようなビジネスを行なっていく場合には、『単に儲かっています!』というアピールでは、人が離れていきます。そのため、今までやってきたことをストーリー化(ストーリーテーリング)を行なっていくことによって、周りからも関心を持たれますし、嫌われるということが起きなくなります。

 

単純にビジネスで儲けるだけでなく、開発のエピソードなどストーリーがあることによって、長期的に収益を上げながらも、人から好かれるビジネスを行なっていくことが可能であります。

 

しかしながら、皆様がやられているビジネス、あるいは、これから始めようと考えているビジネスで、どうしても粗利が低くなってしまうビジネスがあるかと思います。ただ、粗利が低い業界であっても、センスと付加価値次第で粗利を高めていくことが可能であります。

 

例えば、「モミアゲ」で有名な河本真がプロデュースするキッチンカーでプロテインの移動販売を行うビジネスですが、プロテインという商材の関係上どうしても粗利を高めるのには限界がございます。

 

そのため、このビジネスでは、少しでも粗利を高める工夫を施しております。多くの方は「プロテインの移動販売を行うビジネス」と聞いて、当然「プロテイン」だけを売るイメージを抱かれるかと思います。

 

しかし、河本真が行うプロテイン屋では、「プロテイン」だけでなく「健康」に関する商品を多数扱っております。つまり、単なるプロテイン屋さんではなく、「健康」全般に関することをビジネスで扱い、粗利を高めております。

 

『どういうことですか??』と疑問を抱かれた方もいらっしゃるかと思いますので、具体例を挙げながら説明していきます。

 

彼が手がけるキッチンカーでは、「プロテイン」を売る最中、健康に関して様々な知識を得られるような情報商材も一緒に販売しております。プロテインは1杯800円前後でありますが、その情報商材は、3万円になります。

 

情報商材は、先程申し上げました粗利の高いコンテンツビジネスの一種であります。そのため、粗利を引き上げることに限界のあるプロテインであっても、粗利の高い商品を付け加えることで、トータルでの粗利を高くすることが可能であります。

 

このように、プロテインだけの商売を行うのではなく、健康全般という広い分野で商売することで粗利を高めることができ、儲かるビジネスになっていきます。皆様には、このプロテイン屋さんに来るお客様をイメージしていただきたいのですが、どんな方がいらっしゃるかと思いますか?

 

「プロテイン」を販売しているということですので、総じて健康意識の高い人や日頃から運動されている方が集まってきます。そんな方々集まるところで、プロテイン以外にもさらに健康が高まるような商品やサービスがありましたら、多くの人が確実に目を向けます。

 

お店にやってくるお客様を見極めて、その人に対して次に何を売るか考えることもまた、自身のビジネスで粗利を高めていく大きなカギであります。皆様がやられているビジネスにおいても、やってくるお客様の姿を思い浮かべて、次の一手を考えることこそが、皆様の儲かりに繋がっていきます。

 

 

10分後にもできる簡単な収入アップ術とは?

ビジネスを通じて長期間に渡り収益を上げていくためには、様々な工夫や意識が必要であることが皆様もお分かりいただけたかと思います。しかしながら、皆様の中で『もう少し手っ取り早く収入アップできないのですか?』という声もあるかと思います。

 

そこで、簡単でかつ最速に収入アップする方法を紹介していきたいと思います。人によっては、今すぐにでも取り組むことができて、もしかしたら明日にでも収入アップしてしまうかもしれません。

 

既に、ご存知かもしれませんがビジネスにおける収益を決める大きな要因は、3つございます。「集客×販売単価×販売回数」であります。この3つを最大化させることによって、皆様の収入を自然にアップしていくことができます。

 

実は、この3つのうち、1つ簡単かつ最速に収入アップに繋がるものがありますが皆様はどれだと思いますか?これをすぐさまお分かりいただけた方は、かなりのビジネスをお持ちであります。

 

そうです。「販売単価」を高めることであります。元々、お客様が居ないのであれば、話はまた別になっていきますが、この販売単価を上げることによって売上は高まりますし、最終的に高い収益を得ることができます。

 

しかしながら、皆様の商売の中には、この値上げが簡単にできないものがあります。その代表例として、転売やMLMがございます。なぜ、これらのビジネスで値上げが簡単にできないかと言いますと、自分で値段設定を行うことができないからであります。

 

転売でしたら、商品の差額を上手く生かして儲けるビジネスでありますので、値段比較が重要になっていきます。仮に、アメリカで売られているAという商品を輸入して、それを日本国内で転売しようとするとします。

 

日本国内で誰も販売していなかったり、日本への輸入するのがちょっと難しい商品であれば、高い値段をつけることができるかと思います。しかしながら、多くの場合が他の販売者がいたり、誰もが手に入れやすかったりする商品であります。

 

そうなりますと、他の販売者の値段も考慮する必要があるため、転売は高い値段が付けにくいビジネスであります。また、価格競争や為替レートの変動により、自身が損してしまう場合もあります。

 

一方のMLMでは、その多くで既に商品の値段が決まっておりますので、値段の上げようがありません。ただ、自身で作った書籍や情報商材などのコンテンツやコンサルなどのサービスは、自分自身で値段設定ができます。

 

そのため、転売やMLMを大きく違い、値段を容易に変えられるため、簡単に収入をアップできるビジネスであります。もし、皆様が手っ取り早くビジネスで儲けたいのであれば、このように自分自身で商品の値段設定をできる商品やサービスを持つことが必要となっていきます。

 

 

超高額商品を売り捌く史上最強のテクニックとは?

簡単に収入アップする方法を紹介していきましたが、もう今にでも試したい方もいらっしゃるかと思います。ただ、中には高額な商品が本当に売れるのか、上手く売り捌くことができるか気にされている方もいらっしゃるかと思います。

 

ここからは、どうやったら高額な値段設定でも商品を売ることができるのか見ていきたいと思います。この方法を知っていれば、先程解説していきました「値上げ」も、皆様が容易に行うことができるかと思います。

 

高額商品を売り捌くためのテクニックは、2つございます。

 

高額商品を売り捌くためのテクニック

 

『生涯のコストってどういうことですか?』『急にピカソが出てきてよく分かりません…』などなど、困惑されているかと思います。今からそれぞれ分かりやすく解説していきますのでご安心ください。

 

 

1.生涯のコストを想像させる

高額商品を売り捌くテクニックの1つ目は、生涯のコストを想像させることであります。ここからは、歯医者を具体例を挙げて説明していきます。歯医者では、虫歯や歯周病など、歯に何かしらの異常があった際に、診てもらえます。

 

その一方で、歯医者の中には、事前に歯の病気を予防するようなケアなどを行なってくれる自由診療のサービスがあります。このサービスでは、虫歯治療などとは異なり、健康保険の適用外になるため高額な支払いになることがほとんどであります。

 

高額な支払いになるのであれば、この歯医者の自由診療のサービスは、あまり利用されないと皆様は思われたかもしれません。しかしながら、今回紹介する「生涯のコストを想像させる」ことで、利用者をどんどん生み出していくことができます。

 

例えばの話ですが、一般の人が虫歯治療などを含めて一生にかかる歯のコストが仮に10万円だとします。1万円の自由診療コースで1回ケアしておけば一生支払うコストが半分の5万円に抑えられるとなると、皆様はどう思いますか?

 

自由診療コースを受ける場合と受けない場合では、生涯で4万円も変わっていきます。そうなりますと、やはり自由診療コースを選択する可能性がかなり高くなるかと思います。また、歯のサービスに関して言えば、自身だけでなく、それ以外の家族を巻き込める可能性が高まります。

 

例えば、親がこの自由診療コースを受けるのであれば、子どもの生涯のことを考える親がほとんどでありますので、子どもも一緒に歯のケアのサービスを受ける可能性が高まります。

 

今回は、歯医者の自由診療を例に説明していきました。このように生涯など長いスパンでコストを想像させた上で、自身のサービスによってコストが削減できると説明していきますと、たとえどんなに高額な商品やサービスであっても利用してもらえる可能性が高まります。

 

 

2.ピカソ戦略を使う(楽しさ)

高額商品を売り捌くテクニックの2つ目は、ピカソ戦略を使うことです。皆様も絵描きのピカソさんをご存知であるかと思います。実は、値段設定に関して非常に興味深いエピソードがありました。

 

ピカソさんが街を歩いていた時のことですが、彼のファンからその場で絵を書いて欲しいという依頼を受けました。そして、彼は10秒で1つの絵を描き上げました。さて、ピカソさんは、この10秒で描いた絵に値段をいくら付けたと思いますか?

 

『いや~10秒だから1000円くらいでは?』『いくらピカソさんと言え、短時間だから1万円くらいかな~』と色々な答えが思いついたかと思います。正解ですが、ピカソさんは、10秒で描いた絵に100万ドル、日本円に換算しますと約1億円もの値段を付けました。

 

皆様の多くがこの値段設定に驚かれたと思います。彼が、このようなトンデモナイ値段を付けた理由は、絵を描いたのは10秒ですが、人生の様々な経験の積み重ねの上で描いたものだからといことでした。

 

無論、ピカソさんが『何とな~く1億円!!』など、値段設定の根拠が適当なものでしたら、お客様も納得しないかと思いました。しかしながら、ピカソさん自身の様々な苦闘の経験を経た上で描かれた絵でありますのでこのような莫大な値段設定にも納得がいくかと思います。

 

ピカソさんの例では、過去の経験が値段設定の根拠となりましたが、それ以外にも他社にはないこだわりや精神的メリット、ユニークな経験、思い出など、高い値段設定の根拠となるものは沢山あります。

 

どんなに高い値段設定であっても、根拠がしっかりしたものであれば、お客様に納得して買ってもらえるのであります。

 

ここまで、ビジネスの売上をみるみるうちに高めてしまう高収益化術を紹介していきました。まだまだ長期的な儲けるための方法は、沢山こざいますが無料公開はこれで終わりとさせていただきます。

 

本当は、

  • 同じ商品でも収益が倍増してしまう秘密の売り方
  • 令和時代こそ狙うべき、儲けが自動で増えるターゲット層とは?
  • 儲けが10倍以上になる究極の質問とセルフイメージ
  • 世界中の学校を巡った男が語る儲かるビジネスの真相とは?

 

などなど公開しようと思いましたが「大人の事情」により、ここまでといたします。ただ、『もう終わりですか!』『続きを知りたいです!』という方もいらっしゃるかと思いますので、後ほど高収益化術を全て知ることのできる方法を紹介いたします。

 

 

まとめ

ビジネスにおいて長期的に、なおかつ高収益を得るための様々な方法を紹介していきました。皆様の中で、より儲けるためにやるべきこと、または、意識すべきことがお分かりいただけたかと思います。

 

今回初めて知った多くの収益を上げるための方法もあるかと思います。ただ、あまりにも情報量が多すぎて整理できてないかもしれませんが、ピンと来たものからで構いませんので、少しずつ取り入れていただければと思います。

 

最後までお読みくださいましてありがとうございました。

 

 

【完全公開】時間も収入も自由な知られざるビジネスとは?

さて、ここまで出し惜しみしてました高収益化術の全ての話を聞くことのできる方法を紹介します。皆様の人生単位で見ても、大変オトクな話になっていきますので最後までチェックしていただければと思います。

 

今回の話を全て聞くには、とあるビジネススクールへの入学が必須となります。それは、『ポケットビジネススクール』略して『ポケビジ』というビジネススクールであります。

 

こちらでは、高い収益を上げることのできるビジネスの方法だけでなく、一からビジネスを作る方法から集客する方法などが学べます。さらには、長期的に収益を上げつつ、時間的な自由も得られるビジネス「ポケビジ」を構築することができます。

 

また直近に開催された(または、開催予定)のZoomでのセミナーの内容は、以下になります。

  • 長期的に勝手に人が集まってしまう最強のブランディング術
  • 1日たったの3時間しか働かない敏腕経営者の超高速仕事術
  • 顔出さないでも月収100万以上のYouTuberの秘密

 

などなど他のビジネススクールでは、決して学ぶことのできない非常に魅力的なセミナーが行われます。しかも、1度入学費を支払ってしまえば、何回セミナーに参加しても「無料」で受講することができます。

 

そんな『ポケビジ』では、1日3時間しか働かないをモットーに、世界中のありとあらゆる教育機関を巡ってきた河本真が校長を務め、日々『ポケビジ』メンバーへビジネス術を伝授しています。

 

河本真は、大学生時代に起業し、今では複数会社経営&オーナーとして活躍しながらも、大好きな家族との時間を楽しんでおります。実は、あのビルゲイツスティーブジョブズらが登壇された「TED」にも登壇の経験があります。

 

※証拠

 

また、河本真に関しては、彼の家族や仕事仲間からの暴露話もございます。彼の思わぬウラの面も知りたい方は、こちらをご覧いただき、皆様の目で詐○師か否や、判断いただければと思います。

【流出・無修正】河本真の真の姿とは?|家族も仕事仲間も赤裸々告白!?

 

そんな方から直々に教えを受けることができるビジネススクールがこの『ポケビジ』であります。ただ、皆様の中で、『そんな方が教えるビジネススクールだからお高いのでは??』と思われた方もいらっしゃるかと思います。

 

しかしながら、現在(2021年6月時点)『ポケビジ』にな、なんと50%オフで入学することのできる脅威的なキャンペーンも行なっております。皆様の目で今一度確認いただければと思います。

【今だけ半額!】ポケビジに50%オフで入学できる秘密の入学方法とは?

 

 

また、『ポケビジ』『河本真』がどんなビジネスを教えてくれるのか、気になった方がいらっしゃいましたらメールマガジンを通じて詳しく、かつ丁寧に紹介を行なっております。現在、絶賛“完全無料”で公開しております。自由に登録解除も行えますので、まずは、登録していただければと思います。

 

登録する“だけ”でも超おトクなメルマガは、コチラから↓↓↓

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

こちらの記事も読みますと
アナタのビジネス力は急上昇!