blog

パソコン1台でもOK!持ち運びも可能なビジネス-Airbnb体験とは?

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on facebook

民泊やツアー、体験などに参加したり、提供したりしたい方が集うプラットフォームとして「Airbnb」がございます。本ブログでも、「Airbnbの始め方」、「民泊での稼ぎ方」など、何度もピックアップしております。

 

今回は、Airbnbのサービスの中でも、「体験(エクスペリエンス)」に焦点を充てていきます。同じAirbnbのサービスでも、「民泊」を始めるには、空き部屋、空き家が必要ですが、「体験」でしたら、仮に、空き部屋を持っていなくても、パソコンやスマホ1台さえあれば始めることができます。

 

今回は、そんなAirbnb体験の現状と将来性、さらには、具体的な体験例から稼ぐにあたり意識すべきコツをお伝えしていきます。

 

「自分の才能や経験を活かしたビジネスや副業」あるいは、「パソコン1台で持ち運びできるようなビジネスや副業」を始めたいと考えている方には、ピッタリなお話でありますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

 

※動画で学びたい方にはコチラ↓↓↓

 

 

Airbnbとは?

まずは、Airbnbとは、どんなサービスを行っているのかを簡単に説明したいと思います。Airbnbとは、民泊、ツアーや体験をホストとして提供したい方と利用したい方が集まるプラットフォームであります。

 

Airbnbを通じて、世界中にある宿に泊まったり、あるいは、様々なお客様に対して提供したりすることもできます。また、体験(エクスペリエンス)では、旅行会社などでは味わえない独自のツアーに参加したり、ツアーガイドとして提供したりすることもできます。

 

また観光案内に限らず、長年受け継がれてきた文化を体験するような教室や大自然を生かしたアクテビティに参加したり、ホストとして提供したりすることができます。

 

既に、こちらのブログでは、Airbnbについて何度も紹介しておりますので、改めて細かく説明いたしません。『いや~、よく分からないので詳しく解説してください!』という声が聞こえてきそうですので、そんな方々のために、以前Airbnbのサービスの詳しい話や始め方についてまとめた記事がございます。

 

もし、Airbnbのことあまり詳しくない方でしたら、こちらの記事を読む前にまずは、下の記事をご覧いただければと思います。

Airbnbの超最強マネタイズ戦略とは?

 

今回は、Airbnbのサービスの中でも、「体験(エクスペリエンス)」フォーカスしていきます。

 

Airbnbのもう一つの稼ぎ方である「民泊」に関しては、別の記事で詳しく紹介しておりますので、『空き部屋を活かして稼ぎたい!』『ワーケーション好きなお客様をゲットしたい!』をお考えの方は、こちらをお読みいただければと思います。

アフターコロナこそAirbnb!民泊で10倍稼ぐ方法とは?

 

 

Airbnb体験の実状!今からでもチャンス大!!

Airbnb体験(エクスペリエンス)では、どのように利用されていたり、どのくらい体験している方がいたりするのかなど、実際の所どういう状況であるのか皆様も気になるところであるかと思います。そこで、ここからは、Airbnb体験の実状を見ていきたいと思います。現状、どのくらいの利用者がいて、どのくらい儲かるのかなど皆様も気になると思いますので、解き明かしていこうと思います。

 

Airbnb自体は、2008年に民泊のサービスの提供からスタートしました。今回紹介していく「体験」は、2016年にスタートし、今や多くの方に利用されてきております。Airbnbの体験サービスの開始直後は、500個の体験がホストによって提供されておりました。

 

2018年には、体験への“予約数”が前年比で約7倍にもなり、多くの方々に利用されるようになっていきました。それに伴い、提供される体験の数も増えていきました。そして2019年には、世界全体で3万以上の体験が提供されるようになっていきました。収益に関しても、“体験だけ”で2019年の第2四半期には、10億ドル、日本円に換算すると約1088億円も上げることができました。

 

また、Airbnbの体験に対して、参加者(ゲスト)は、平均して1人当たり約55ドル支払います。人によっては、『めちゃくちゃ体験に対してお金を払っているじゃないですか!』と感じられた方もいらっしゃると思います。

 

なぜ、ここまでして多くの人が利用し、お金を落としていくのか皆様も気になるところであるかと思います。実は、多くの人がAirbnbを利用してしまう答えは、とある調査の中にありました。

 

アメリカの旅行業界の調査を行っているSkift (スキフト)が行った2019年の調査によれば、回答者のうち、「より良いホテルの部屋にお金を費やしたい」という人が31%いたのに対して、「より良いホテルの部屋よりも、良い活動に多くのお金を費やしたい」という人は、69%でした。

 

さらに、「何か新しいことを経験して戻ってきたい」という方は、65%、「休息と充電の両方を行い、戻ってきたい」という方は、35%にものぼります。つまり、多くの方々が、新しいことや自身のエネルギーチャージのために体験を行っていきたいと考えております。

 

そのニーズにまさに答えてきたのが、このAirbnb体験であり、私たちの欲求を満たしてきたからこそ今日のAirbnbの発展に繋がっております。

 

Airbnbが利用される理由 

一方で、Aribnbの体験は、単に体験に参加されるゲストだけでなく、体験を提供する側にとっても大きなベネフィットを与えてきました。従来は、大きな旅行会社ならともかく、個人が旅行者に対して体験を売り込んで販売することは、困難でありました。

 

しかしながら、Airbnbの体験の登場によって、個人でも体験ツアーや体験教室を容易に開くことが可能になっていきました。スマホやパソコンなどから、AirbnbのHPに進み、必要事項を記入して、審査を通過してしまえば皆様もAirbnbを通じて体験を届けることができます。

 

究極を言えば、スマホやパソコンのどちらか1台あれば、Airbnbの体験を始めることができ、同じAirbnbの民泊ほど、大きなコストをかけずに済ますことができます。

 

ただ、『実際のところ、儲かるのですか?』『そんなんで生活できるのか?』と感じていらっしゃる方もいるかと思います。2018年のデータですが、Airbnb上に掲載された体験は、1つの体験あたり年間で平均2500ドル、日本円に換算すると、約27万円にもなります。

 

また、トップホストの一部は、年間でナント30万ドル以上に、日本円に換算すると約3200万円以上も稼いでおります。このように、Airbnbでは、個人でも容易にツアーや教室を開くことができ、加えて、大きな額を実際に稼いでいる人が出てきております。

 

さらに、2020年には、Airbnb上で新たな形の「体験」が行えるようになりました。皆様は、何だと思いますか?ヒントは、コロナ禍での生活の状況を思い浮かべていただければと思います。

 

恐らく、多くの方の間で「オンラインでのやり取り」を行う機会が増えてきているかと思います。実は、その波がAirbnbにも来ております。2020年の4月よりオンライン上でも体験(オンラインエクスペリエンス)を提供することが可能になりました。

 

もう一つピンときていない方もいらっしゃるかと思いますので、分かりやすく申し上げますと、ビデオ会議ツールのZoomを通じて、観光地の景色を写したり、あるいは、カメラ越しに料理教室を開いたりなど、オンラインでもAirbnbの体験を利用したり、提供したりすることができるようになりました。

 

2020年の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、このようなオンラインを通じたサービスも行えるようになりました。従来のAirbnbの体験とこのオンライン上での体験の違いですが、予約と料金の支払いに関しては従来の体験と同じように行っていきます。

 

何と言っても最大の違いは、オンライン上で、Zoomを使いやり取りするところです。外に出て、思いっきり旅行を楽しむ過程で、Airbnbの体験も楽しむということは、2020年より始まったコロナ禍では、どうしてもできない状況でありました。

 

しかしながら、オンラインでもAirbnbの体験が行えるということで、家にいながらも外国の異文化に触れたり、美しい雄大な景色を楽しんだりすることができるようになりました。さらに、ゲスト(参加者)は、自身の家の中でオンラインの体験に参加することができることからも、感染のリスクに気にすることなく参加することが可能であります。

 

このオンラインの体験ですが、開始から2020年8月までに、世界中のホストによって200万ドル以上、日本円に換算すると約2億1700万円も稼いでいきました。オンラインを通じて世界の人々と繋がるだけでなく、収入源にもなりました。

 

また、こんなデータもございます。皆様、驚かないでください。2020年4月より開始した、オンラインの体験ですが、そのホストの51%がナント女性であります。(2021年3月時点)

 

さらに、ホストを行う女性のうち、35%の人が、フルタイムやパートタイムの仕事を失い、少しでも収入を補うためにこのオンラインでの体験を始めました。もっと凄いのが、仕事を失い、Airbnbのオンライン体験を始めた女性のうち、23%もの人が主な収入源にしています。

 

つまり、コロナ禍でAirbnbオンライン体験に、ある種の転職を行い、それで生活している女性がいらっしゃるということであります。ここまで、Airbnbの体験の実状を見ていきましたが、個人でも多くの方が、体験に参加したり、あるいは、提供したりして、それを収入源としている方もいらっしゃいます。

 

Airbnbオンライン体験について

 

加えて、このAirbnbオンライン体験は、Zoomでのやり取りを持って体験を提供していくことから、「とあること」が可能ですが、皆様は何だと思いますか?察しの早い方は、相当なビジネススキルをお持ちであるかと思います。

 

そうです、Airbnbオンライン体験は、どこで体験のサービスを提供してもOKであります。パソコン1台を持って、国内外あちこち巡りながらも、日本の文化を海外の人に教える講座を行うことも充分可能です。

 

オフラインで行う体験ですと、どうしても特定の場所からやる必要がありますが、オンライン体験でしたら、どこにいっても可能であります。私たちの様々な可能性を広げてくれるのが、このAirbnbオンライン体験であります。

 

※参考記事

Airbnbにチャレンジする女性に関する記事

https://news.airbnb.com/women-turn-to-hosting-on-airbnb-earning-over-600-million-during-pandemic/

 

 

アフターコロナはAirbnb体験!?今後の可能性に迫る

皆様の中でも、もしかしたら『ちょっとAirbnbの体験のホストにチャレンジしてみたいな!』と考えている方が出てきているかと思います。そこで、Airbnbの体験の将来的な可能性を見ていきたいと思います。

 

これをしっかり把握しておくことで、皆様がより自信を持ってAirbnbの体験にチャレンジしていくことができるかと思います。Airbnbの体験は、今後どのように発展していくのか一緒に考えていけたらと思います。

 

まず、考えていただきたいことですが、Airbnbの体験は、前述の通り、「新しさ」、「ユニークさ」などを欲する人たちの欲求を満たすサービスであり、幅広いジャンルの体験が提供されております。

 

また、世間一般的な体験の活動に関して、アメリカ超大手新聞社である「New York Times (ニューヨクタイムズ)」から以下のような大変興味深い報告がございます。

 

「市場調査会社Euromonitor(ユーロモニター)によると、主にミレニアル世代の消費者によって盛んに行われている、エクスペリエンスエコノミーへの世界的な支出は、2028年までに8.2兆ドルに達すると予想されています。(引用元:https://www.nytimes.com/2019/01/25/fashion/giorgio-armani-madison-avenue.html)」

 

これを聞き、皆様の中で『なるほど!』と思われた方もいらっしゃれば、『???』という方もいらっしゃると思いますので分かりやすく説明していきます。1981年から1995年までに生まれた人々のことを「ミレニアル世代」と呼び、現在(2021年3月時点)は、20代から30代後半くらいの人たちであります。

 

インターネット環境の成長と共に、歩んできた世代であり、情報リテラシーに優れ、さらにはITを使いこなすことができるという特徴を持っております。また、この世代は「モノ」よりも「コト」に対してお金を使うことを好む世代でもあります。

 

この「ミレニアル世代」は、身の回りの生活必需品が充実している時代を育ってきました。そのため、「モノ」が手元にあるということは当たり前であったため、「モノ」を手に入れようというとする意識は薄まり、体験や経験などの「コト」を追い求めるようになっていきました。

 

そんな体験に関してお金を払うことを好む世代が、年齢を重ねて、大きなお金を持てるようになり、より多くのお金を体験や経験などに支払うことが可能になるからこそ、上記のような試算が出てきたのだと推測できます。

 

このように、今後、多くの方々が「モノ」ではなくて、体験や経験などの「コト」に対してお金を払おうとする傾向にあるため、Airbnbの経験は、これからも大いに発展していく可能性があるかと思います。

 

また、前回の記事でも、取り上げましたが、コロナ禍でもAirbnbの利用は、民泊も体験もどちらも大幅に減少することなく、利用されてきました。多くの方々が、非日常感を求めて利用してきました。

 

そのため、人々が国を越えて自由に移動できるような状況になっていけば、ますます利用されるようになってくる可能性が高いかと思います。さらに、前述のオンラインを通じた体験も、変わらず利用される可能性がございます。

 

アメリカオンライン旅行代理店である「Tripadvisor (トリップアドバイザー)」の調査によりますと、世界の方々が今後「バーチャル体験(オンライン)」に対して魅力を感じているというデータが出ております。

 

つまり、アフターコロナにおいて、実際に現地に行ってツアーや教室などの体験に参加することもあれば、地球の裏側とオンラインで繋がり、体験に参加するという機会も大いにございます。

 

※参考記事

「Tripadvisor (トリップアドバイザー)」の調査

https://www.pref.shimane.lg.jp/tourism/tourist/kankou/kokusai/kokusaikanko.data/_TA_202129_.pdf

 

 

何でもエクスペリエンス化◎-国内外の体験の実例

ここまでAirbnbの中でも特に、体験に関して現状と今後の可能性について見てきました。皆様の中でも、Airbnb体験のホストを少しチャレンジしてみたいと思われてる方がチラホラ出てきているかと思います。

 

ここからは、実際にAirbnb体験のホストを行って上で、大いに役立つような話をしていこうと思います。皆様の中で『こんなことを提供しようかしら?』と既に、アイデアがバンバン出ている方もいらっしゃれば、『いや~何すればいいんだろう…』と悩まれている方もいらっしゃるかと思います。

 

Airbnb体験の始め方に関しては、こちらの記事で解説しておりますので、そちらを見ていただければおわかりいただけると思います。ただ、始め方は分かっても具体的なプランまでは、思いつかないかもしれません。

 

そこで、様々なAirbnb体験の実例を見ていきたいと思います。日本国内、海外と様々な例を出していきます。これを見ているうちに、皆様も『あっ、こんなことでも体験になるんだ!』『えっ、こんなんでお金を稼げるんだ!』と新たな可能性に気付けるかもしれません。

 

 

①街にあるチョコレート店、またはコーヒー店のツアー

皆様の街にも、都市部や田舎など、どんなところに行っても素晴らしいコーヒーを提供する専門店や美味しいチョコレートを提供する専門店がございます。そして、日本人だけでなく、世界中の人々も、コーヒーやチョコレートの愛好家がいます。

 

そんな方々に、皆様の町にあるお店を紹介していくということも、Airbnbの体験になっていきます。このようなツアーを行う場合に、皆様がやることとは、近所のチョコレート店、又はコーヒー店を見つけるだけであり、それだけでほぼ体験のプランができたと言ってもいいでしょう。

 

また、ただ単にそのお店に入り、チョコレートやコーヒーを飲み食いするだけでなく、お店と上手くコラボしていくのも一つの手であります。お店の方と要相談になりますが、実際にチョコレートの作り方やコーヒーの淹れ方を学ぶような教室を行うと、一段と体験が深いものになっていきます。

 

ツアーを行うためのお店の情報収集は、やはりその地域の方から情報を得ることが最短ルートであるかと思います。このように、皆様の身の回りにあるものを巻き込んでいくことで、Airbnbの体験を1つ作ることができます。

 

※チョコレートツアーの例(スペイン、バルセロナ)

https://www.airbnb.jp/experiences/169232?_set_bev_on_new_domain=1615019274_ZjkwN2U2MGIyZTNh&translate_ugc=true

 

 

②郷土料理教室

Airbnb体験では、皆様の自宅などで料理教室を主催してお金を稼ぐことも、1つの素晴らしい方法です。観光客の立場に立ちますと、その土地の料理を楽しんでみたい方がいらっしゃるかと思いますが、一歩先を進んだ体験としてこのような郷土料理教室があります。

 

その土地の料理を食べて味わうだけでなく、作ることでより五感が刺激されますので、参加者にとって良い体験になるかと思います。また、料理教室は、オンラインでも行うことができます。

 

現に、ある国の方が、別の国に住む方に向けて、オンライン越しに料理教室を行うということは、しばしば行われております。ですから、私たちが日々口にしている「和食」のオンライン料理教室を海外の方向けに行うのも面白いと思います。

 

※料理教室の例

(メキシコ)

https://www.airbnb.jp/experiences/1661135

(イタリア)

https://www.airbnb.jp/experiences/1610894?source=pdpother

 

 

③ハイキング・ウォーキング体験 

皆様が、広大な山々や緑豊かな森、絵のように美しい遊歩道の近くに運よく住むことができていれば、その環境を活かしたアウトドア体験を提供できると思います。一緒に山登りしたり、散歩したりすることが、参加者の身も心も豊かにさせてくれる立派な体験になります。

 

このようなアクテビティに参加を希望される方は、『絶景を見たいです!』と願っていると思います。多くの方に知られていない、地元の方“だけ”が知っている絶景スポットがありましたら、それだけで多くの方々を集めることができます。

 

また、1日に数回のツアーを行ったり、大きなグループを連れて行ったりすることによって、より多くのお金を稼ぐことができます。さらには、ツアーを充実させるために、朝食やランチを用意することで、より多くのゲストを魅了し、体験をさらに充実させます。 

 

近隣のカフェやレストランと提携して、散歩や山登りを楽しんだ後に、参加者全員でお店での食事を楽しむのもツアーとして面白いかと思います。

 

※ハイキング・ウォーキング体験の例

(イタリア)

https://www.airbnb.jp/experiences/146478?translate_ugc=true

(日本・静岡県伊豆市)

https://www.airbnb.jp/experiences/32603

 

 

④パブクロールツアー 

ここまで紹介してきた体験の例は、どちらかというと日の高い時間帯に行うことがほとんどでした。今から紹介するものは、夜の時間帯を活かした体験になります。皆様の中でも、複数のバーやクラブを巡る「パブクロール」をされたことのある方がいらっしゃるかと思います。中には、朝まで楽しんでいたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな「パブクロール」も、Airbnb体験を通じて、ある種のツアーとして提供することができます。皆様の中でも、『人と関わるのが得意です!』あるいは、『酒好きで、近所のバーに詳しいです!』という方が体験の提供者になるのにピッタリであります。

 

このようなタイプのツアーは、日本ではあまり見かけないかもしれませんが、実は、世界では何年も前からございます。そして、多くの観光客に人気があります。人々は、やはり最高のナイトスポットを見つけ、そこで楽しむのが大好きです。

 

一方で、この体験は、『めちゃくちゃ稼ぐ!』というよりは、『その日のお酒を皆様がタダで飲める』という感じになってくるかと思います。皆様が、予めバーやクラブの料金にちょっと上乗せした分を参加費として集めて、参加者と一緒に回ることで、それがAirbnbの体験となっていきます。

 

皆様も稼いだ分を酒代にでき、参加者も一緒に盛り上がることができます。

 

※パブクロールツアーの例

(チリ)

https://www.airbnb.jp/experiences/805116 

 

Airbnb体験の実例①

 

 

⑤日々打ち込んでいることを体験に

今まで紹介してきた体験については、かなり具体的なプランであったかと思います。今から紹介する体験は、ちょっと抽象的な話になるかもしれませんが、より多くの方々が提供することのできるAirbnbの体験であるかと思います。

 

突然ですが、皆様に1つの質問を投げかけていきたいと思います。「皆様が頻繁に行っていることは何でしょうか?。」職業でも、趣味でも構いません。

 

『仕事で花をよく生けています!』という方でしたら、生花教室、『趣味で絵を書くのが得意です!』という方でしたら、絵画教室など、皆様が日頃より情熱を入れているものをAirbnbの体験として提供することができます。

 

『いや~、私にはちょっとそういうものは…』と思う方がいらっしゃるかもしれません。そこで、毎日やっていることで、もはや当たり前になってしまっていることを見てみてください。それが、Airbnbの体験化していくヒントであります。

 

例えば、料理を毎日3食作っている方でしたら、海外の人に対して「日本食」を教えてみるのも、アリだと思います。日常的に「瞑想」をルーティンとしている人でしたら、それを体験化していくことができます

 

このように、日々皆様がやっていることは、Airbnbの体験として提供することができ、さらには、沢山のお金を稼ぐ可能性があります。今一度、皆様が、よくやっていることを見直していただければと思います。

 

※オンラインでの瞑想教室の例

(日本)

https://www.airbnb.jp/experiences/1698456

※ビールを飲みながらビールについてオンラインで語る体験

https://www.airbnb.jp/experiences/1699327

 

 

⑥隠れた街ツアー 

皆様がお住まいの地域が、仮に観光地であれば、見に行きたくなる名所があるとは思います。しかし、観光地で無ければ、見どころはないと感じ、一見して他人になんかに紹介できるような場所はないと感じるかもしれません。

 

しかしながら、自分自身では、イマイチだなと思っている場所でも、捉え方を変えれば、中には喜ぶ方がいらしゃいます。

 

例えば、古めの本が置いてあるお店やアンティークなものが置いてあるお店など、古めかしいものを見て喜ぶ方もいらっしゃいます。もし、皆様がその土地に長く住んでいるなら、そんなお店を既に把握されているのではないでしょうか。

 

では、そんな街中の隠れたスポットを巡るツアーで、どんな場所を巡ればいいか、具体例は以下の通りです。

  • 古い書店 
  • アンティークショップ 
  • 映画の撮影場所 
  • 公園 
  • 彫刻 
  • 放棄されたテーマパーク 

 

※隠れた街ツアーの例

(日本)

https://www.airbnb.jp/experiences/1353504

 

 

⑦写真・インスタグラムツアー 

スマートフォンのカメラは、どんどん良くなっているので、最近は、誰でも専門の写真家になることができます。特に「iPhone12」と「一眼レフ」の写真を比べましても、どっちで撮影したか分からないくらい、スマートフォンのカメラの機能が高まっております。

 

こういった技術の変化によって、今、写真ツアーは非常に人気がございます。特に、「インスタ映え」を狙う、Instagram愛用者をターゲットにして、「映え」の狙える場所を巡るツアーをAirbnbの体験を通じて行うことができます。

 

皆様が住む街の中で、『ここ「インスタ映え」しそうだな~』という場所を見つけましたら、それは、いわゆるキャッシュポイントでもあります。Airbnb体験で「インスタ映え」しそうな場所を巡るツアーを作ることができます。

 

もし、近所にもう一つ「インスタ映え」しそうなところがない場合には、近くの街に行ったり、観光地や都心に出て、自分だけの「インスタ映え」スポットを探して、体験化していくのも面白いと思います。

 

※写真・インスタグラムツアーの例

(インドネシア)

https://www.airbnb.jp/experiences/419174

https://www.airbnb.jp/experiences/1498555 

 

Airbnb体験の実例②

 

ここまで、国内外問わず、様々なAirbnbの体験の実例を紹介してきました。皆様の中で、もしかしたらピンと来て。実際に提供してみたい体験もあったと思います。また、Airbnbの体験は、今回紹介したもの以外にもまだまだ沢山ございます。

 

下記に紹介しておきますので、皆様にもできそうなものを見つけていただければと思います。

 

※Airbnbその他体験例

パート1

https://news.airbnb.com/the-most-wish-listed-stays-and-most-booked-online-experiences-by-state/

パート2

https://www.businessinsider.com/best-airbnb-online-experiences

 

お客様が最高に喜ばせる体験を提供するコツとは?

皆様の中で、Airbnbの体験を通じてどういうことをやればいいか頭の中で何となく思い浮かんできているかと思います。『私は、近所の廃墟ツアーでもやろうかしら!』『朝、近所の公園でバードウォッチングもいいな!』などなど、皆様の頭の中には、お金をザクザク生み出すアイデアが出てきているかと思います。

 

ここからは、Airbnbの体験をホストとして提供していく上で、どういうポイントを意識していけばお客様により喜んでもらえるかお伝えしていけたらと思います。

 

皆様が提供する体験の中に、こだわっているポイントがありますと、それが多くのお客様を惹きつけ、喜んでもらえることに繋がり、最終的にはより多く稼ぐことができるかと思います。少しでも体験を始めたいと考えている方は、ポイントを抑えていただければと思います。

 

Airbnbの体験では、どんな体験にも提供するホストの方のユニークな視点や情熱が込められております。誰も知らないようなお店や誰にも負けない知識量、ある文化に対する熱い想いなど、体験ごとに込められているものは、異なってきます。

 

そして、中でも多くの人が参加する体験には、4つのポイントがございます。

 

 

①非日常的な要素へのアクセス

体験に参加される方が、大切にしているポイントとしては、いかに普段味わうことができない体験、普段知ることのできない知識、普段味わうことのできない感覚など、非日常的な要素へアクセスする、飛び込むことができるかどうかというのがカギであるかと思います。

 

多くの方々が、普段できないような体験を求めております。体験を提供するホストは、例えば、関係者や熟知している人しか知らない「インサイダー的な」知識を参加者とシェアしたり、ゲストが、通常自分では見つけることができない人々、場所、活動への舞台裏に関わることができたりすると、それらを求めて参加者の方がやってくるようになります。

 

 

②参加者のイメージを膨らます

Airbnbの体験は、旅行会社が行うツアーなどとは、違った独特の視点で、行われていきます。旅行会社のツアーでは巡らないような場所のツアー、ここだけでしかできない体験教室などが行われていきます。

 

また、その視点は、体験を提供するホストごとに異なるため、私たちの日常的な生活以上に、幅広いイメージを膨らますことに繋がります。参加される方の1人、1人の頭の中のイメージが広がることで、豊かな気持ちになったり、あるいは、忘れない思い出としてその方の記憶に深く刻まれるようになったりしていきます。

 

ゲストは、そんな体感や思い出を求めて、体験に参加していきます。体験を提供する側としては、参加者が頭の中でイメージする世界が広がるような、空間やアクテビティを用意したいところであります。

 

 

③参加型の体験

体験では、ゲストの方が、単に見ているだけ、聞いているだけなど受動的ではなく、体験の活動に参加できるようにしていく必要性があります。例えば、料理教室を思い浮かべて欲しいのですが、話をずっと聞いているだけ、先生が料理を作っているのを見ているだけでしたらどうでしょうか?

 

超有名なプロの先生の料理教室でしたら、『仕方ないかな…』と思われるかもしれませんが、やはり学びながら、皆様も調理したいですよね?料理教室だけに限ったことではありませんが、ゲストが能動的に体験できるからこそ、そこから生まれる楽しさや感動は、計り知れないものであります。

 

だからこそ、ホストは、ゲストも積極的に行動できるような体験を提供していく必要性があります。ゲストが、体験を通じて『楽しい!』『感動した!』と感じることができたら、またその体験に参加したくなるかと思います。さらには、その方が別の参加者を引き連れる可能性も充分にあります。

 

 

④情熱

体験を提供するにあたり、どれだけ情熱を注いでいるかが、人を惹きつけたり、体験自体の満足度を上げていくことに繋がっていきます。ある体験を行うにあたり、深い知識や熟練した技能があれば、参加者に対してご自身の情熱を容易に示すことができるかと思います。

 

しかしながら、多くの方々からしたら『いや~、そんな深い知識を持っていないですよ!』『そんなスゴイ技術までは持ってない』と感じているかと思います。しかし、安心してください。

 

知識や技能以外にも、皆様の「情熱」を充分に示すものはございます。それは、「ストーリー」であります。そのサービスがどうやってできたのか、サービスを提供する方がどんな日々を過ごしてきたのかなど熱い想いを「ストーリー」に込めていきます。

 

そんな皆様の情熱のこもった「ストーリー」は、共感する方が出やすくて、より多くの方を惹きつけることに繋がります。

 

例えば、同じ海辺ツアーでも、旅行会社が提供するものと、長年住んできた住民の海辺に関する「ストーリー」の紹介のあるものでしたら、どちらに参加したくなるでしょうか?「ストーリー」に共感してしまい、後者により参加したくなっていきます。

 

情熱の示し方は、知識、技術、そして「ストーリー」と多様であります。皆様の情熱でサービスの質や価値が大きく変わっていきます。

 

ここまで、Airbnb体験を提供していく上で、意識すべき重要なポイントを紹介していきました。皆様のサービスをより魅力的にし、さらには、売上を伸ばすことにも繋がりますので、取り入れていただければと思います。

 

 

まとめ

ここまで、Airbnb体験に関して余すことなくお伝えしてまいりました。実状からアフターコロナ の予測、さらには、具体的な体験の例からホストとして提供するポイントをお伝えしました。

 

今回の話を聞いて、『Airbnb体験やってみてぇ!』『私は、趣味を活かして始めようかしら!』などなど、少しでも体験を提供してみたくなりましたら幸いです。

 

また、Airbnbの民泊・体験の始め方民泊の意識すべきポイントに関して、以前にまとめた記事がございます。「Airbnb」に関して、もっと知りたいと思っている方は、そちらもぜひご覧ください。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

Airbnb民泊・体験の始め方に関してはこちらから

Airbnbの超最強マネタイズ戦略とは?

 

Airbnb民泊で10倍稼ぐ方法はこちらから

アフターコロナこそAirbnb!民泊で10倍稼ぐ方法とは?

 

 

アナタのスキルや経験、才能を即現金化する秘術とは?

ここまで記事を読み、Aribnb体験(エクスペリエンス)に関して少しでも興味をお持ちいただけたかと思います。ただ、ちょっと始めてみたいと思っていましても、『一体、何を体験にしていけばいいのか…』と悩まれている方もいらっしゃるかと思います。

 

皆様がお持ちである好きなものや経験、才能、知識などをAirbnbの体験サービスへと変えることができますが、そもそも「自分の好きなもの」「経験」などをどんなものを持っているかがもう一つ分からない場合もあるかと思います。

 

折角、自分の中に良いものを持っていてもそれが眠ったままではもったいないです。皆様の持っているものを上手く活かせば、Airbnbの体験を通じて大いに稼いでいくことができます。

 

『でも、自分の才能ってどうやって調べたらいいのですか?』という方に、朗報です。実は、皆様の経験や才能、スキル、知識などを発掘してくれて、しかも、皆様だけにぴったりのビジネスを提案してくれるビジネススクールがございます。

 

それは、『ポケットビジネススクール』略して『ポケビジ』というビジネススクールであります。

 

こちらの『ポケビジ』というビジネススクールでは、長年に渡りビジネスを行い、売り上げを大きく上げ、現在8社以上の会社を持つ“河本真”という男から、全くゼロの状態からビジネスを立ち上げて、長期的に収益を上げる方法を学ぶことができます。

 

『ポケビジ』校長河本真のオモテもウラも丸裸の紹介ページはこちら!

【流出・無修正】河本真の真の姿とは?|家族も仕事仲間も赤裸々告白!?

 

 

さらに、メールでのやりとり(無料)や月2回“無料”で行われるZoomセミナーを通じて、“河本真”と密にコンタクトを取ることができ、皆様の思わぬ才能や経験の活かし方を伝授してくれます。そして、発掘された皆様の武器を元に、Airbnbの体験で長期的にお客様を喜ばせられるサービスを提供できるようになっていきます。

 

また、人によっては「文章を書くこと」の方が向いている方もいらっしゃるかと思います。そんな場合には、Kindle(電子書籍)を書くビジネスを薦めるなど、オーダーメイドのスーツのような、その人に合ったビジネスを提案してくれます。

 

さらに、最近では、「プライベートコンサル」のコースもございます。こちらを通じて、“河本真”から、アナタにピッタリのビジネスモデルを提案してくれるだけでなく、海外進出、節税術、マイルを貯める極意、子育て、潜在意識など、世の中にはほとんど出てこない人生をぶっちぎりにお得に過ごすことのできる情報を手に入れることができます。

 

「プライベートコンサル」の紹介は、こちらからどうぞ!

https://pocketbusinessschool.com/consulting/

 

皆様に、ピッタリのビジネスモデルの提案だけでなく、人生を益々幸せに過ごすことのできる方法を学ぶことができるコンサルコースが用意されているビジネススクールは、『ポケビジ』だけであります。

 

もし、少しでもこの『ポケビジ』が気になった方は、メールマガジンを通じて物凄く詳しい紹介がございます。現在、絶賛“無料”で公開しておりますので、是非登録してくださればと思います!

 

登録する“だけ”でも超おトクなメルマガは、コチラから↓↓↓

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

こちらの記事も読みますと
アナタのビジネス力は急上昇!