blog

最近、TikTok、Instagramのリール機能などショート動画が流行しています。皆さんの中にも、ついついショート動画に見入って、気づいたらかなり時間が過ぎていたという経験のある人もいるかもしれません。

 

ショート動画ブームは、遂にYouTubeにもやってきてYouTube Shorts(ショート)という短い動画を配信できる機能が追加されました。

 

今回は、YouTube Shorts(ショート)の再生回数を伸ばす方法を解説していきます。このYouTube ショートの動画の再生回数を伸ばしていくことで、集客や収益化が加速していき、最終的に不労所得のような自動化されたビジネスを構築することも夢ではありません。

 

YouTubeで稼ぎたい人や集客アップしたい人、ビジネスを自動化させたい人は、最後まで必ずお読みください。

 

※動画で学びたい人はコチラ!

 

 

【可能性無限大】YouTube Shorts(ショート)とは?

まずは、YouTube ショートとはどういうものであるのか紹介します。YouTube ショートとは、簡単に言うと最大60秒までの縦型の動画を投稿したり、視聴したりすることができるYouTube上のサービスです。2020年9月にインドでスタートし、徐々に利用できる国は広がっていきました。2021年の7月より日本を含めて世界100ヵ国で以上で利用できるようになりました。

 

YouTubeと聞くと皆さんは、縦型で短い動画よりも、むしろ横型で10分前後の動画を楽しむイメージがあると思います。しかし最近は、15秒の短い動画を投稿するプラットフォームのTikTokの世界的ヒットを皮切り、「短い動画」を楽しむということが流行っています。

 

InstagramやFacebook、Snapchatといった世界でも沢山の利用者がいるSNSでも、新たにショート動画を投稿できる機能が追加されました。その流れは、元祖動画投稿プラットフォームであるYouTubeにもやってきました。

 

YouTube Shorts(ショート)とは?

 

実際に、短い動画に関して面白いデータがあります。イギリスのBBCによると、イギリスとアメリカのスマホユーザーは、YouTubeよりもTikTokに多くの時間を費やしているという結果が出ています。

 

ユーザー数は、YouTubeの方が圧倒的に多いため、全体の利用時間はYouTubeの方が上です。ただ、平均滞在時間はTikTokが上回り、高いレベルのエンゲージメントを実現させています。

 

※参考データはコチラ!

BBC「TikTok overtakes YouTube for average watch time in US and UK(日本語訳:TikTokは、アメリカとイギリスの平均総再生時間でYouTubeを追い抜く)」

https://www.bbc.com/news/technology-58464745

 

YouTubeは、エンゲージメントを高めるための打開策として、短い動画を投稿・視聴できるサービスを導入したのかもしれません。また、YouTubeはショート動画に関して今後の方針を述べています。

 

YouTube ショートは、YouTube で動画を視聴したり、動画を作成する新しい方法です。YouTube は、YouTube ショートを収益化し、クリエイターのコンテンツに還元する様々な方法を検討しており、これには、最近発表(英文)したYouTube ショートファンドも含みます。同プログラムでは、2021 年から2022 年にかけて合計1億ドルをクリエイターのみなさまに提供する予定です。

引用:「いよいよ日本で YouTube ショートが始まります」日本版YouTube公式ブログ
https://youtube-jp.googleblog.com/2021/07/youtubeshorts.html

 

YouTubeでは、皆さんもご存知の通り、ある一定の登録者数や視聴時間などを超えたYouTubeチャンネルの運営者は広告収入よって収益を得ることができます。YouTubeショートでは、現在(2021年12月時点)は未だ収益化されていません。

 

しかし、上記の通り今後はYouTube ショートでも収益化できるようになる可能性大です。1年間で1億ドル(約110億円)もクリエイター(投稿者)に費やしていくということですのでYouTubeもかなり本気です。

 

※2022年2月19日追記

何と、YouTube Shorts(ショート)で直接、収益化する方法が誕生しました。収益化する方法や実際に収益化に成功したチャンネルも紹介していますのでコチラの記事も併せてご覧ください。

【審査条件も丸わかり!】YouTubeショート動画の収益化術!

 

※2022年6月18日追記

2022年5月24日にYouTubeの親会社であるGoogleが実施したGoogle Marketing Liveでは、YouTubeのショート動画に関して面白い発表を行いましたが、次の通りです。

 

Reimagining video ads across Google and YouTube

Connect with people on YouTube Shorts with Video action and App campaigns. Starting today, your Video action campaigns and App campaigns are gradually rolling out on YouTube Shorts globally. Later this year, product feeds connected to your campaigns will also start showing up on YouTube Shorts, making your video ads even more shoppable.

(引用:https://support.google.com/google-ads/answer/12158560?hl=en)

 

分かりやすく日本語訳していくと、要するにYouTube Shorts上にも広告が表示されるようになるという発表でした。これまでYouTubeでは、ショート動画には広告機能はありませんでした。今後は、ショート動画内に広告が表示され、さらに、その広告から直接ショップや商品のページにアクセスできるようになっていきます。

 

今後、GoogleではYouTubeの一般的な長さの動画だけでなく、ショート動画でも広告を表示することによる収益化も視野に入れています。近日中に、YouTube Shortsの収益化に関しても何かしらの発表を行うことをほのめかしています。

 

2022年中には、YouTubeショートでも広告が表示され、投稿者はショート動画でも広告収入を得ることができるようになる可能性が高いので、今後の動向も目が離せません。

 

今までは、YouTubeに10分から20分前後の動画を投稿して、収益化を目指してチャンネル登録者数や再生回数を集めていましたが、このYouTube ショート登場によって、投稿する動画の時間は遥かに短くなるため、かける労力を大幅に減らすことができます。

 

10分前後の面白い動画を投稿するために、収録に何時間もかけ、テロップや効果音、BGMを付け加えるなどの動画編集を行い、多くの人がカナリの労力を費やしてきました。労力だけでなく、収録機材に良いカメラを、編集用に良いパソコンを揃えようとするとコストも大きくかかります。時間も費用もかけたにも関わらず、必ずしも動画が多く再生されるとは限りませんでした。

 

一方のYouTube ショートは、スマホ1台で全て完結するという最大のメリットを持っています。スマートフォンで動画を撮影して、そのままYouTubeのアプリ上で編集からBGM付け、投稿と全てできます。従来と違い、少ない労力+低コストで高いエンゲージメントを得ることができます。

 

未だ2021年に登場したばっかの機能ですので、今後仕様が変化していく可能性は充分ありますが、使い方次第ではビックチャンスがあるといえるサービスの1つです。

 

YouTubeショートで再生回数などエンゲージメントを集めて、YouTubeから報酬(広告収入)を貰うことも可能になっていきますし、自身のHPやプロダクトの集客媒体として使って売上を得ることも狙えます。いずれにせよ再生回数を集めないことには、収益化も自身の商品の販売も難しいです。

 

次章では、YouTube ショートで再生回数を増やすテクニックをいくつか紹介していきたいと思います。これからますます伸びる可能性大のサービスを使って収益化or集客UPしていきたい人は、最後まで必ず読み続けてください。

 

※YouTube以外にも集客アップさせるSNSとしてTwitterがありますが、実は集客アップ自動化ができるとっておきのTwitterのツールがあります。実際にコチラを使った人の中には、1ヶ月でフォロワーが〇〇人も増えてしまいました。99%の人が知らないTwitter自動化術をいち早く知りたい人はコチラも要チェックです!

Twitter集客が自動化される激ヤバツールTweetfullとは?

 

YouTube Shorts(ショート)で再生回数を増やすテクニック!

ここからは、将来性大のYouTube ショートでどうやって再生回数を伸ばしていくか解説していきます。既に、YouTubeチャンネルをやっている方も、未だYouTubeを始めていない方も、今回のテクニックは簡単に取り入れることができます。

 

紹介するポイントをしっかり抑えて、YouTubeチャンネルとご自身のビジネスの拡大に役立ていただければと思います。

 

①投稿時間は●●秒がベスト!

テクニックの1つ目は、投稿時間に関してです。前述の通り、YouTube ショートでは、最大60秒間の動画を投稿することができます。なので『よし、目一杯60秒で投稿するのがベストだな!』と思った人がいるかもしれませんがそうではありません。

 

YouTube ショートだけでなく、YouTubeの一般的な動画にも言えることですが、単に長ければ良いという訳ではありません。カギとなるのは視聴維持率です。再生開始からどれだけ長い時間動画を視聴してもらえるかのパーセンテージが高ければ高いほど、YouTubeのアルゴリズム上では優位になります。

 

視聴維持率が高い動画であれば、誰かのオススメの動画に頻繁に出てくるようになり、結果的に再生回数を増やすことに繋がります。こういったYouTubeのアルゴリズムを踏まえると、60秒間の動画を投稿するのは、あまりベストではありません。

 

仮に、60秒のショート動画が再生されたとしても、面白い動画でなければ最後まで再生されずにスキップされてします。最後まで再生されないと視聴維持率が低くなり、YouTubeのアルゴリズムは、それを「あまり良くない」コンテンツと見なしてしまいます。

 

YouTubeのアルゴリズムを上手く味方につけるために動画の長さは、15秒以内がベストです。60秒の動画よりも、15秒以内の短い動画の方が、確実に高い視聴維持率を狙えるからです。実際にショート動画で世界的大流行となったTikTokも15秒以内の動画が主流で、バズる動画(再生回数が特に多い動画)も15秒以内です。

 

動画の撮影は、スマホ標準のアプリでもできますが、YouTubeのアプリからもできます。YouTubeのアプリ内から撮影では、15秒になると録画が停止する仕様になっています。短い動画が撮れて、そのままアプリ内で編集もできますので、YouTube ショートをこれから始める人には非常に便利でオススメです。

 

②短時間で視聴者を惹きつけることを意識した編集

一般的な長さの動画でもショート動画でも、視聴者の関心を大いに惹きつけることが肝心です。ただ、ショート動画は、短い時間の中で視聴者の興味関心を引くものを提供する必要があります。

 

YouTubeでは、BGMや効果音、テロップが沢山盛り込まれた動画を頻繁に見かけるかもしれませんが、ショート動画では、時間が限られているので一般的な長さの動画と編集の仕方を変えていく必要があります。

 

実際、全く動画編集がされていないショート動画でも400万を超える再生回数を集めている動画もあります。

 

YouTube上にサーフィンの動画は山ほどあります。しかし、こちらの動画は2021年の9月に公開されてナント3ヶ月で400万回以上も再生されました。驚異的な再生回数を記録しましたが、ご覧の通りBGMやテロップなどは一切ありません。

 

皆さんの発信する動画のジャンルによっては、ショート動画にテロップやBGMを盛り込んだ方が良い場合もありますが、場合によっては必要なシーンだけカットをするだけでも惹きつける動画になります。

 

ショート動画を編集する場合には、YouTubeのアプリ内で編集するのでもいいですし、外部アプリを使うのも1つの手です。最近では、ショート動画を簡単に編集できる無料のアプリも登場しています。

 

例えば、Videoleapという動画編集アプリはオススメです。簡単なタッチ操作で動画編集することができます。シーンのカットやテロップ入れ、効果音・BGMの追加もタッチするだけでできます。高機能でありながら無料で使うことができます。

 

※Videoleapを試してみたい人はコチラ!

Videoleap-iOS向け:https://apps.apple.com/jp/app/videoleap-lightricksの動画編集アプリ/id1255135442

Videoleap-Android向け:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lightricks.videoleap&hl=ja&gl=US

 

#Shortsというハッシュタグを付ける!

動画を投稿する際には、ハッシュタグを付けることができますが、ショート動画を投稿される際には#Shortsというハッシュタグを付ける必要があります。

 

YouTubeのアルゴリズムは、一般の動画ではなく、ショート動画であることをこの「#Shorts」ハッシュタグの有無で判断します。ハッシュタグが無くても、長さの短い動画であればアルゴリズムがショート動画と判断することもあります。

 

ただ、確実にアルゴリズムにショート動画であることを認識させるためにも、「#Shorts」というハッシュタグを付けて投稿することが必須です。中には、この「#Shorts」のハッシュタグのスペルの間違いを犯す人もいます。スペルを間違えると正しく認識されない場合がありますので注意してください。

 

YouTubeでは、ショート動画を含め、動画に付いているハッシュタグやタグ(動画に付けるタグ、チャンネルタグ)が再生回数を増やすための重要なポイントです。実は、既に再生回数を集めている動画やチャンネルのハッシュタグやタグを動画に付けることで再生回数を増やせます。

 

実は、既に再生回数の集めている動画やチャンネルのハッシュタグ、タグをこっそりカンニングできるツールがあります。その秘密のツールについては、下記動画でチラッと紹介していますので気になる方はチェックしてみてください。

 

この動画では、他人のハッシュタグ・タグをカンニングできる秘密のツールの紹介から、YouTubeの将来的可能性、YouTubeで非常に流行りそうなテーマをシェアしています。

 

YouTube Shorts(ショート)で再生回数を増やすテクニック-1

 

※突然ですが、あなたは下記のどれかに当てはまりませんか?

  • 会社員の9時5時生活から抜け出したい!
  • 残業や夜勤続きの職場からおさらばしたい!
  • 日本全国、世界中をあちこち飛び回るライフスタイルを送りたい!
  • 自分の強みや才能を活かして稼ぎたい!
  • 家族やパートナーと一緒の時間をもっと楽しみたい!

実は、これらを叶えてくれる方法が1つあります。それは、「デジタル不労所得」を構築することです。あなたの代わりに勝手にお客様を満足させる仕組みによってチャリンチャリンと収益を得ていくことです。集客からセールス、決済、商品やサービスの納品までの一連の過程を自動化・仕組み化していくため、あなたが寝ていようが、遊んでいようと24時間365日自動的に売り上げを得ることができるのが「デジタル不労所得」です。

 

「デジタル不労所得」を構築さえすれば、毎月30万円~40万円の自動化収入が得られ、あなたがお望みの自由で、楽しいライフスタイルがやってくるのです。「デジタル不労所得」の詳細に関しては、完全無料メルマガで徹底解説しています。今、メルマガを登録した人限定で、9800円相当の「デジタル不労所得」構築に関するスペシャルセミナーもプレゼントします。プレゼントが欲しい人は下記バナーをチェックしてみてください。

 

④投稿後、一定時間の経過がカギ

ショート動画を投稿しても『全然再生回数が増えません…』といったケースがあるかもしれませんが、不安になる必要はありません。YouTubeは、時間経過してからも再生回数が伸びていく可能性があるからです。

 

YouTubeでは、今までどういう人が主にチャンネルを見ているかで表示されるかが決まります。例えば、これまであなたのYouTubeチャンネルが50代女性に多く視聴されていたら、50代女性をターゲットに「あなたへのおすすめ」に表示されるようになっています。

 

ただし、新たに公開した動画が再生回数が伸びない場合には、アルゴリズムは違う動きをします。今までの表示してきた視聴者とは、違う傾向の視聴者層に対して表示するようになっています。

 

例えば、あなたのYouTubeチャンネルで今まで50代女性が沢山見ていたが、ショート動画をアップした途端、急に再生されなくなったとします。そうなるとアルゴリズムは、別の視聴者をターゲットとします。

 

40代、30代と年齢が変わったり、男性にリーチしたりなど様々な視聴者に向けて表示するテストを行っていきます。アルゴリズムが視聴者の高評価、視聴維持率を見てどの視聴者に表示すると最適であるか、判断してくれます。

 

そのため、投稿し始めで再生回数が少ない時でも、将来的に再生回数が伸びていく可能性がありますので時間経過を待つことが重要です。

 

⑤アップ済みの動画の活用

既に、YouTubeにいくつか動画を投稿している人は、ショート動画と上手く組み合わせることで、どんどん再生回数を伸ばしていくことも可能です。視聴者に対して、まずショート動画を通じてあなたのYouTubeチャンネルに興味を持ってもらい、興味のある人に一般的な長さの動画を視聴してもらうことで再生回数を積み重ねていくことができます。

 

例えば、20代男性をターゲットとした恋愛のノウハウを発信するYouTubeチャンネルを持っているとします。ショート動画で「デートの時のNG行動集」など衝撃的なことを話し視聴者を惹きつけて、10分くらいの動画でモテるデート術を細かく解説すると動画の再生回数もチャンネル登録者数も増やしていくことができます。

 

既に、YouTubeチャンネルを持っている人は、今まで投稿してきた動画で伸びている動画の内容を要約したものをショート動画にすることで、チャンネルに興味を持ってもらう機会を増やすことができます。

 

過去の動画を要約したショート動画は、新たに収録するのでもいいですし、過去の動画を編集でカットするだけでもOKです。現に、人気のあるYouTuberは、過去の良かった動画を切り抜き、ショート動画として投稿して多くの再生回数を集めています。

 

もし、現時点でYouTubeをやってない人は、無理に自分で発信しなくてもOKです。影響力の大きい人の動画を借り、良い所だけを切り抜いて発信していくというビジネススタイルもあります。やり方は、簡単で再生回数の多い動画をショート動画に編集し直して、投稿するだけです。

 

ただし、本人に許可無く勝手に切り抜いて投稿をすると、著作権的にNGです。他人のチャンネルの切り抜きを行う場合には、必ず確認してみてください。人によっては『お金を出すからやって欲しい!』という人もいますので、緊張するかもしれませんがどんどんオファーにチャレンジしてみてください。

 

⑥セクションにショートビデオを追加していく

多くの人はあまり気にしたことがないかもしれませんが、各YouTubeチャンネルのセクションを整理して、編集していくことも再生回数を増やしていくことに繋がります。

 

『セクションってそもそもどこですか?』という人もいると思いますが、各YouTubeチャンネルを開いて1番最初に出てくる「ホーム」というページの各動画の部分のことをセクションと言います。

 

YouTubeチャンネルのセクションとは?

 

実は、このセクション部分の動画は、入れ替えることができ、テーマごとにまとめて表示することができます。例えば、体の健康に関する発信を行うチャンネルでしたら、「胃腸の健康」「腰の健康」など体の部位ごとにセクションを作り見やすくすることができます。

 

さらに、セクションに追加された動画は、YouTubeのアルゴリズムによって他の視聴者に対してより推奨されやすくなります。投稿した動画が他の視聴者の「あなたへのおすすめ」などに表示されるかは、主に動画の再生回数や高評価などのエンゲージメントで決まります。

 

セクションに動画をどんどん追加していくことも、アルゴリズムに評価され、再生回数を増やすポイントの1つです。ショート動画もセクションに追加することは可能です。最大12個のセクションを作成することができます。

 

YouTubeチャンネル内でのセクションの作り方に関して詳しく知りたい人は、YouTube公式で詳しく解説しているページがありますので、そちらをチェックしてみてください。

 

※YouTubeチャンネル内でのセクションの作り方

https://support.google.com/youtube/answer/3219384?hl=ja#zippy=%2C注目セクション%2C新しい視聴者向けのチャンネル紹介動画%2Cチャンネル登録者向けの注目動画

 

YouTube Shorts(ショート)で再生回数を増やすテクニック-2 

⑦魅力的なサムネイルを作成する

ショート動画も一般的な長さの動画と同様に、独自のサムネイルを作成することができます。サムネイルを付けないと、動画内のワンシーンがサムネイルの代わりに表示されます。それでも悪くはないですが、より視聴者の興味を惹くためにもショート動画のサムネイルを作成するのが必要です。

 

サムネイル作りが難しいと感じている人もいるかもしれませんが、既にサムネイルのテンプレートが沢山用意されていて、簡単に無料で作ることのできるツールもあります。

 

それは、「Canva」というオンラインデザインツールです。これを使えば、ショート動画のサムネイルだけでなく、チャンネルアイコン、チャンネルヘッダーも簡単に作ることができる優れものです。

 

※無料でオシャレなサムネイルを作れるCanvaについて詳しくはコチラ!

https://www.canva.com

 

より魅力的で、再生回数を増やすサムネイルを作りたい人は、以下のポイントに注意しながら作成してみてください。

 

1.関連性 

サムネイルと動画の内容が関連するものにすること。サムネイルと動画の内容が一致しない場合には、視聴者を混乱させて、再生回数やチャンネル登録者数を増やすことが難しくなります。

 

2.分かりやすさ

サムネイルをひと目見てどんな内容の動画か理解することができて、文字も見やすいサムネイルを作るようにすること。

 

3.正しさ
誤解を招くような画像をサムネイルとして使用することは避けるのが良いです。一時的に多くの視聴者を引き付けるかもしれませんが、徐々にあなたのチャンネルへの信頼を失うことに繋がります。

 

⑧ショート動画を最適化せよ!

ここまで取り上げてきた再生回数を増やしていくためのポイントは、既にYouTubeで発信している人も、これから始めようとする初心者にとってもためになるものであったと思います。次に紹介する「ショート動画を最適化していく」は、いくつかYouTubeでショート動画をアップした後に試してみてください。

 

既に、YouTubeで動画を投稿したことある人は、YouTubeで再生回数を伸ばしていくポイントを把握されているかもしれませんが、一般的な長さの動画であっても、ショート動画であっても再生回数を増やすための細かいポイントはほぼ一緒です。

 

では、ショート動画の投稿で再生回数をドンドン増やすために抑えておきたいポイントを紹介します。

 

魅力的なサムネイル

前述の通りサムネイルは、視聴者を惹きつける役割を担います。魅力的で、思わず見たくなるようなサムネイルは、視聴率アップすることに繋がりますので、先程紹介した「関連性」「分かりやすさ」「正しさ」の3つのポイントを抑えた上で作成してみてください。

 

人の興味を惹くタイトル設定

タイトルから視聴者は、その動画はどのようなものか察知します。見た人が衝撃を受けて、動画の内容が分かり、思わず見たくなってしまうタイトルがベストです。単に動画の内容を要約したタイトルではなく、キャッチーさもあるタイトルを作っていきましょう。

 

またYouTubeなどの検索からの流入されることもありますので、視聴者がどういうキーワードで検索を行うのかも逆算しながらタイトル設定することも非常に重要です。

 

詳細な説明文

ショート動画にも、動画の説明文をつけることができます。動画のテーマ、ジャンル、動画の内容(要約)を盛り込んでいきましょう。案外、知らない人が多いかもしれませんが、YouTubeの動画の説明文をしっかり書いた方がアルゴリズム的に優位となり、より多く表示されます。

 

動画の説明文を書く際には、キーワードを盛り込むようにしてください。

 

タグ・ハッシュタグ
動画には必ずタグとハッシュタグ両方を付けるようにしましょう。タグやハッシュタグをつけた方が、アルゴリズムで有利です。前述の通りショート動画であることを認識してもらうためにも「#Shorts」というハッシュタグは必須です。

 

ただし、タグもハッシュタグも付けすぎるとスパム扱いされて、視聴者に動画が表示されなくなりますので注意してください。タグは15個前後、ハッシュタグは3個前後が効果的と言われています。

 

⑨パフォーマンス徹底分析

今まで投稿してきた動画の再生回数や視聴維持率など、各動画のデータを分析していくことも再生回数を増やすことに繋がります。毎日行う必要はありませんが、定期的にデータを分析して、再生回数が伸びている動画とそうでない動画を見極めることで、視聴者の求めている動画が見えてきます。

 

仮に、再生回数がどんなに多くても、視聴維持率が低ければ、視聴者が動画の内容にあまり興味を示していないということですので、改善が必要となってきます。

 

何気ない数値にも、あなたのYouTubeチャンネルを伸ばしていくヒントが眠っていますので分析も忘れずに行っていきたいところです。

 

※YouTube ショートに関するポイントを一通りお伝えしてきましたが、以前にInstagramのアルゴリズムに関してまとめた記事もあります。集客アップしていくためのヒントをまとめましたので、インスタを使っている人はこちらも要チェックです!

【インスタ集客できない人必見!】成功する人が行う改善方法5選!

 

YouTube Shorts(ショート)で再生回数を増やすテクニック-3

 

 

まとめ

ここまでYouTube Shorts(ショート)に関してサービスの概要から再生回数を増やすためのポイントを紹介してきました。今回の内容は、YouTubeチャンネルを既に持っている人、または未だ1度も投稿したことの無い人でも試すことができる内容です。

 

今回紹介したポイントを早速取り入れ、YouTubeを通じたマネタイズや集客アップ、ビジネスの自動化に繋げてみてください。

 

最後までお読みくださりありがとうございます。

 

関連記事-【特別公開】切り抜き動画で不労所得構築する方法

【最短最速】YouTube切り抜き動画の収益化術!

 

 

【先着100名限定】毎月30-40万円を生む自動化キャッシュフローを構築する極意を完全無料公開!

ここまで記事をお読みいただいた皆さんに朗報です。今回、完全無料の特別プレゼントをご用意しました。本来、9980円相当で提供している「毎月30-40万円を生む自動化キャッシュフローを構築する極意」に関するスペシャルセミナーを先着100名限定で無料プレゼントします。

皆さんの中でも次のいずれかに当てはまる人は必ずチェックしてください。

  • 会社員の給料とは別の収入源が欲しい
  • 自分の強み、才能が100%発揮される稼ぎ方を始めたい
  • 売上を伸ばしつつ、自由な時間を謳歌したい
  • ビジネスを自動化して、海外に行きまくるライフスタイルを始めたい

 

今回プレゼントするスペシャルセミナーは、そんな皆さんの願望実現に近づくことができる内容です。簡単に内容の一部をシェアすると、

  • 毎月30-40万円を生むデジタル不労所得を構築する黄金フォーミュラ
  • 多くの人がハマる副業トラップの真相
  • コロナ禍に急成長した謎の市場
  • 遺伝子上収入が上がりづらい状態から抜け出す極意

です。

河本真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、セミナーの講師を務めるのは、海外複数社経営し、複数のデジタル不労所得の構築に成功した河本真です。22歳の時にYouTubeによるビジネスの仕組み化に成功し、それ以来2019年まで海外を家族で飛び回るライフスタイルを送り、現在は北米に滞在しています。過去には、TV出演や雑誌掲載の経験があり、さらに、あのビル・ゲイツさんやスティーブ・ジョブズさんの登壇経験のあるTEDに登壇した経験もあります。

※河本真「TED」登壇の模様

 

河本真は、自身の自動化キャッシュフロー構築の経験を踏まえて「ポケットビジネススクール」というビジネススクールで、メンバーにビジネスマインドやノウハウを伝授しています。実際に彼から直接アドバイスを受けて実践してきたメンバーは、収入アップなど嬉しい成果を出しています。河本真から教えを受け、理想を叶えたメンバーの声をまとめたスペシャルPVを特別公開しますのでぜひご覧ください。

※理想を叶えたポケビジメンバーボイス

 

今回のスペシャルセミナーでは、実際に自動化キャッシュフローを構築してきた河本真より、構築方法を完全無料で学べるビッグチャンスです。なお、セミナーの無料プレゼントは、先着限定100名で締め切ります。本来、有料で提供している内容ですので、無料で公開するのは正直厳しいです。しかし、皆さんには自動化キャッシュフローを構築して、願望実現に近づいて欲しいことから無料でプレゼントすることに決めました。

 

定員に達し次第、プレゼントは消滅します。プレゼントの受け取りを希望される方は下記バナーより受け取りください。

 

【先着100名限定】超有料級-デジタル不労所得構築術を完全無料でGETする↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest

豊かさと幸せをドンドン増やしたい人に
オススメの記事はコチラ!

今月末まで9,980円→
無料プレゼント

今月末まで9,980円→無料プレゼント

毎月30ー50万を自動で稼ぐ家族にも応援されるオートキャッシュフローの構築術の特別ビデオを無料プレゼント