blog

皆さんの中には、日頃から海外に住んでいる人や海外事業者と送金したり、外貨を受け取ったりしている人がいるかもしれません。しかし、送金の際の手数料がかなり高いと感じている人が多いのではないでしょうか?また海外送金プラットフォームによっては凍結する危険性があるところもあります。

 

そこで今回は、なるべく送金の手数料が抑えられて、安全に送金が行えるプラットフォームとしてペイオニア(Payoneer)を紹介します。既に、海外の人たちとビジネスを行なっている人、あるいは、海外でのビジネス展開を考えている人は必見です。

 

 

海外ビジネスを加速させるペイオニア(Payoneer)とは?

今回紹介するペイオニア(Payoneer)とは、国内外の送金やデジタル決済を行うことができるプラットフォームで、2005年にアメリカで誕生し、200カ国以上、150の現地通貨に対応しているサービスです。海外でのB2B取引をはじめebayや海外Amazonなど越境EC、海外プラットフォームと連携する際にペイオニアは重宝されています。分かりやすく言えば、ペイオニアを通じて違う国に住む人同士でお金のやり取りを行うことが可能です。

 

ペイオニアとは?

 

例えば、日本に住む人がアメリカの人に送金したい時には、大抵のケースで手数料が高くなります。しかし、ペイオニアを利用した送金であれば非常に安く手数料を抑えることができます。

 

皆さんがお持ちである日本国内の銀行から海外の銀行へ送金するサービスはありますが、送金手数料だけでなくリフティングチャージや為替手数料など、手数料が諸々発生します。トータルで送金にかかる手数料は、平均5000円から8000円くらいで、より高額な送金を行う場合にはそれ以上の手数料が発生します。

 

なので、皆さんがお持ちである日本の銀行口座から海外へ送金することは、可能ですが非常にコストがかかりますので、あまりオススメはできません。もう少しコストの安い送金方法として、PayPal(ペイパル)があります。

 

皆さんも一度はオンラインショッピングの決済で利用した経験があるかもしれません。PayPalでは、デジタル決済と国内外で送金を行うことができるプラットフォームで、世界で3億人も利用しているサービスです。

 

PayPalを利用して、日本に住む人がアメリカの人に送金する場合には、海外送金手数料は1回につき499円、さらに円を送金して相手がドルで受け取るなど異なる通貨で送金が行われる場合には、送金額の3%~4%の通貨換算手数料が発生します。日本の銀行から海外の銀行に送金するケースに比べれば安いです。しかし、PayPalでは以前からアカウントが凍結されるケースが頻発しています。しかも、特に理由もなくアカウントが使えなくなってしまうケースもありました。

 

PayPalの凍結に関しては、こちらの記事で詳しく解説していますの。もし現時点で海外送金・決済でPayPalを活用されている方は、リスクに備えて必ずチェックすることをオススメします。

【超危険!】PayPal凍結の意外な原因と知られざる解除術とは?

 

海外送金を行うとした時には、日本の国内銀行にしろ、PayPalにしろちょっと使いづらいように感じる人が多いかもしれませんが、ペイオニアであれば円滑にかつ低コストで送金可能です。お互いにPayoneerのアカウントを持っていれば、なんと手数料無料で送金することができます。

 

同じ通貨同士での送金であれば無料ですが、送り主が円で受け取り主がドルなど、通貨が異なる場合には最大で2%の為替手数料が発生します。手数料の詳細に関しては、後ほど詳しく解説していきますが、他の送金方法と比べてもかなり安くなることがお分かりいただけたかと思います。

 

ペイオニアでできることは、国内外での送金だけでなく代金・給与の請求、海外での決済にも利用することができます。ペイオニアの代表的なサービスとして3つあります。

 

  1. 請求サービス(Request a Payment)
  2. グローバル代金受け取りサービス(Global payment service)
  3. メイク・ア・ペイメント

の3つです。 

 

ペイオニアの送金・決済サービス

 

1つ目のペイオニア上で相手宛の請求書を発行して、支払ってもらう請求サービスでは、相手側がペイオニアのアカウントを持っている・持っていないに関係なく取引を行うことができます。ペイオニアから発行された請求書を受け取った人は、ペイオニアのアカウントを通じて決済することができますし、それ以外にも銀行振り込みやACH口座振替、クレジットカード決済することができます。

 

幅広い支払い方法が用意されていますので、支払う側(クライアント)にとっても簡単に支払うことができます。仮に、クライアントがペイオニアのアカウントを持っていなかったとしても支払いが可能です。また請求サービスには、入金状況の管理や追跡まで行ってくれるだけでなく、自動リマインド機能がついていて、取引先への催促も代わりに行ってくれます。

 

2つ目のグローバル代金受け取りサービスは、ひとことで言えば海外各地に銀行口座を開くことができ、様々な通貨を受け取ることができるサービスです。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、カナダドル、メキシコペソと幅広い通貨を受け取ることができます。本来、海外現地の通貨を受け取るために、その現地の銀行口座を開設しようとすると手続きが非常に複雑です。また場合によっては、現地海外法人を設立しなければならないケースもありますのでコストがかなりかかります。

 

一方のグローバル代金受け取りサービスでは、ペイオニアのアカウント内に、なんと現地の外貨受け取り専用口座を開設することができます。特に複雑な手続きを行う必要は無く、数クリックで作成することができます。米ドルの受け取り専用口座、ユーロの受け取り専用口座などとそれぞれ口座を作成することができます。その受け取り専用口座の口座番号をクライアントに教えて、振り込んでもらうことで皆さんのペイオニアアカウント内に入金されます。

 

もし、これから海外の事業者に送金してもらうのであれば、現地の口座を作るよりも、ワンクリックでできるグローバル代金受け取りサービスが良いかもしれません。ただし、注意点がいくつかあります。それは、電信送金に対応していないことです。もし、クライアントが電信送金で皆さんに支払いを行おうとする際には別の方法を用意する必要が出てきます。もう一つは、それぞれ現地の銀行口座からしか受け取ることはできません。

 

例えば、米ドルの受け取り専用口座では、アメリカ国内にある銀行からの送金にのみ対応しています。豪ドルであればオーストラリア国内、カナダドルであればカナダ国内にある銀行のみ送金することができます。また個人からの入金も対応しておらず、法人からの取引のみに対応しています。

 

一部制約が出る部分はありますが、海外の通貨の受け取りを数クリックで行うことができますので非常に便利なサービスです。

 

ここまで紹介してきたペイオニアのサービスは、相手側に支払ってもらうサービス、誰かからの入金を受け取るようなサービスでしたが、ペイオニアのアカウントを通じて誰かに支払いを行うメイク・ア・ペイメントというサービスもあります。

 

支払いは、ペイオニアのアカウント内の残高から行われます。お互いにアカウントを持っている人同士で支払う場合には、手数料は何と無料で、1日上限100万円相当額まで行えます。ただし、支払う側も受け取る側もアカウントを持ってないと使えません。

 

以前は、受け取る側の銀行口座に振り込むことも可能でしたが、現在は利用できない状態になっています。アカウントを持っている前提になりますが、手数料無料で支払いを行うことができます。

 

ペイオニアの代表的な3つのサービスをそれぞれ解説してきましたが、皆さんも頭の中でどれがどれだかごっちゃになっているかもしれません。簡単に整理するとペイオニアのアカウントを持っている人同士で送金、又は支払いが可能です。またアカウントを持ってない人でも送金を受け取ることはできませんが、アカウントを持っている人に対して支払いが可能です。

 

ペイオニアの一連のサービスは、グローバル代金受け取りサービスのクライアント側の送金を除いて基本的に個人、法人関係無く利用可能です。

 

年々日本国内だけでなく、海外への進出を考えている企業が増えてきていますが、送金や支払いの選択肢としてペイオニアのアカウントを開設しておけば、面倒な手続きは一切必要ありません。わざわざ海外法人や海外現地の銀行口座を開設する手間を考えたら、ペイオニアのアカウントを開設する方が速いです。またフリーランスなど個人で商売を行ったり、海外の事業者と提携したりしている人にとっても使い勝手の良いサービスです。

 

でも、皆さんの中には『ペイオニアってコスト面はどうなの?』『海外送金するのは高いのでは?』と手数料を気にされる人も多いかと思います。次章では、手数料に関して詳しく解説します。実は、銀行や他の海外送金プラットフォームよりもコストを抑えることが可能です。

 

 

【徹底解剖!】ペイオニアの手数料

ペイオニアの手数料ですが、先ほどもチラッと取引によっては無料になる解説しましたが、全てのケースで無料となるわけではありません。ただ、手数料のことをしっかり理解して、ペイオニアを活用できれば、従来の海外送金よりコストを大幅にカットできます。

 

手数料は、各ケースで異なります。ペイオニアの代表的な3つのサービスをもとに解説します。 

 

ペイオニアの送金・決済サービスの手数料

 

ケース1.請求サービスの手数料

ペイオニア上で相手宛の請求書を発行して、支払ってもらう請求サービス(Request a Payment)での手数料を見ていきますが、このサービスでは手数料が無料になる場合と1~3%発生する場合があります。請求サービスに対して支払う方法は4つあります。ペイオニアアカウント内の残高による支払い、国内銀行振込み、ACH口座振替、クレジットカードの4つです。

 

この中で手数料が無料になるのは、ペイオニアアカウント内の残高による支払い国内銀行振込みの2つです。ペイオニアアカウント内の残高による支払いでは、支払う側のアカウント内の残高を使って、請求者に対して支払うことが出来ます。

 

ただし、請求する側も支払う側も両者共にペイオニアアカウントを持っていることが条件です。お互いにアカウントを持っていればコストをかけずに請求と支払いを済ますことが出来ます。

 

国内銀行振込みは、アカウントを開設していない人でも支払いができる方法で、米国またはEU、イギリスに現地法人を持っている人が現地銀行から、請求者に対して支払うことができます。例えば、急な取引が起きた時にアカウントを持ってない人からも円滑に送金してもらうことができます。

 

国内銀行振込みの手数料は、0%ですが、米ドルでの取引を行う場合には1%の手数料が発生する場合もあります。1%の手数料が発生するかどうかはお住まいの地域によって変わります。日本、インド、韓国、タイ、イギリス、アメリカに住んでいる人であれば、米ドルによる銀行振込みであっても手数料は発生しません。

 

一方で、手数料が発生するのがACH口座振替、クレジットカードです。ACH口座振替は、振込みとは違い、各銀行が自動的に口座から代金を引き落として、請求側に支払ってくれるサービスです。支払う側がアメリカ国内銀行を持っている時限定の方法ですが、ACH口座振替でも支払いが可能で、手数料は1%発生します。

 

またクレジットカードの支払いは、3%の手数料です。それぞれの手数料の負担は、請求する側が負担するか、支払う側が負担するか選択することができます。たまに手数料のことでトラブルになることがありますので、どちらが手数料を負担するか話し合っておくことが賢明です。

 

ただし、請求する側の人が欧州経済領域(EEA)に加盟している国在住している場合には、法令により請求側のアカウントから手数料が自動的に引かれますので、ヨーロッパ方面在住の方は注意が必要です。

 

ケース2.グローバル代金受け取りサービスの手数料

海外複数の通貨を受け取ることができるサービスですが、手数料はなんと脅威の0%です。ただ、細かい部分で手数料が発生する場合があります。大きくグローバル代金受け取りサービスでは、3ヶ所で手数料が発生する可能性があります。

 

1つ目は、先程の請求サービスの説明の中でもありましたが、米ドルでの取引を行う場合には1%の手数料が発生する場合があります。代金を受け取る人の住んでいる場所で、米ドルでの取引での手数料の有無が決まりますが日本やインド、韓国、タイ、イギリス、アメリカに住んでいる人であれば手数料は発生しません。

 

2つ目は、送金者の現地銀行の振込み手数料です。皆さんのアカウント上に作られた外貨受け取り専用口座に振り込む際に、送金者の銀行で手数料が発生するケースがあります。送金する人が利用する銀行によって振込み手数料は異なりますので、どのくらいとは一概に言えません。

 

この振込み手数料でもしかしたらトラブルになる可能性もありますので、送金の際には事前に相手の方と話し合っていくことがベストです。

 

そして、もう1つの手数料は、為替手数料です。多くの人が米ドルやユーロを受け取ったとしても、自身の銀行に出金する際には円に替えたいかと思います。米ドルなどから円に替える際には、最大2%の手数料が発生します。為替手数料に関しては後ほど詳しく解説してきます。

 

ケース3.メイク・ア・ペイメントの手数料

アカウント内の残高から誰かに支払いを行うメイク・ア・ペイメントのサービスでは、手数料は無料です。ただし、前述でも述べましたがお互いにペイオニアのアカウントを持っていないと利用できないサービスです。ここまでペイオニアの代表的な3つのサービスでの手数料に関して解説してきました。それぞれどういう状況で手数料が発生するのか、無料になるのか把握しておくことで皆さんの送金や決済の手数料を大きく抑えることができます。

 

折角、収益が沢山入ってきたとしても、手数料で大きく引かれてしまったら、皆さんも損した気持ちになるでしょう。ペイオニアを活用していく際には、一連の手数料を把握しておきましょう。また代表的なサービス以外でも、細かな場所で手数料が発生しますのでしっかり見ていきたいと思います。 

 

ペイオニアのその他手数料

 

Exケース1.銀行出金の手数料

ペイオニアの請求サービスなどを利用して、皆さんのアカウント内に残高がどんどんプールされてくるかと思いますが、やはり日本の銀行に出金しておきたい人がほとんどでしょう。仮に、給与をペイオニアで受け取っているならなるべくその日のうちに自身の銀行口座に移しておきたいという気持ちになると思います。

 

ペイオニア内の残高は、皆さんのお手持ちの銀行口座に引き出すことが可能です。その際には、手数料が発生します。例えば、ペイオニアアカウント内にあるドルを円に替えて引き出そうとする際には、最大2%の為替手数料が発生します。為替レートだけでなく、手数料次第で出金される金額が変わっていきますので注意が必要です。また中には、日本円以外の米ドルやユーロを銀行口座に引き出したい人もいると思います。その際にも、最大2%の手数料が発生します。

 

どのパターンでも銀行に出金する際の手数料は、銀行口座に出金する際に確認可能ですので、確かめた上で出金する・しないを決めるのも良い判断かもしれません。ただし、銀行出金の際には、手数料以外に注意すべきポイントがあります。

 

それは、出金可能な金額に制限があることです。50米ドル(約6000円)以上でないと出金することができません。ちなみに上限はひと月あたり100000米ドル(約1200万円)です。もし、さらに高額な海外送金を行う場合には、別のプラットフォームを検討した方が良いでしょう。

 

 

Exケース2.アカウント維持の手数料

ペイオニアは、アカウントを誰でも無料で作ることができますが、アカウントの維持に手数料が発生します。1年で29.95米ドル(約3600円)発生します。『維持に手数料がかかるのは…』『手数料取られるなら利用するのは…』と思った人がいるかもしれません。でも、安心してください。過去1年間にアカウント内で1度でも取引をしていれば、アカウント維持の手数料は発生しません。日頃から送金や受け取りを行っていれば心配する必要はありません。

 

とりあえずアカウントだけ作っておいて全く使わずに放置しておくと、気づかないうちにアカウント維持の手数料を取られるケースがありますので、もしペイオニアのアカウントを開設するならばどんどん活用するべきですし、あまり使う予定がないのであれば口座を解約しておくのが賢明です。

 

一通りの手数料を解説しましたが、皆さんはどう感じたでしょうか?『手数料安いです!』と感じた人もいれば、反対に『手数料高いのでは?』と思った人もいるかもしれません。実際ペイオニアの手数料が安いか、高いかについては過去の記事でも解説しました。 

(引用: https://pocketbusinessschool.com/payment-agency/)

 

例えば「1ヶ月で1万円の商品を10本売り、10万円の売上を手に入れる」ケースで、それぞれ送金サービス(決済代行サービス)を活用した際に残る利益を比較しました。ペイオニアは、アカウント同士での取引という諸条件がありますが、最も利益が残るプラットフォームでした。

 

各送金(決済代行)プラットフォームの手数料の詳細はこちらの記事で確認してみてください。

【決済代行徹底比較!】今スグ利用するべきPayPal以外の業者とは?

 

 

 

【簡単開設!】ペイオニアアカウントの作り方

ペイオニアのサービスの仕組みから手数料まで詳細に解説してきましたが、皆さんも利益が沢山残ると聞いてアカウントを開設したくなった人もチラホラ出てきているかもしれません。ここからは、ペイオニアアカウントの開設方法について紹介してきます。海外銀行口座や海外法人を開設する際には、様々な書類を揃えたり、高い手数料を支払ったりする必要がありますがペイオニアは簡単、かつ無料で開設可能です。

 

ペイオニアアカウント作成ステップ

 

アカウント作成するためにHPで手続きを行う前に、書類を少しばかり準備する必要があります。個人と法人で必要な書類は異なります。

 

個人では、

ID(身分証明書)の写し(以下のいずれか)

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 在留カード(写真付き)
  • 特別永住者証明書(写真付き)

 

居住証明書の写し(以下のいずれか)

  • 住民票(3か月以内に発行/本籍とマイナンバーの明記が無いもの)
  • 公共料金の請求書(ガス、水道、電気、固定電話、インターネット、ケーブルのいずれか)のスキャンした写しで、3ヵ月以内のもの。請求書には、申し込み時に使用されたお客様の氏名、正確な住所が記載されている必要があります
  • 申し込み時に使用されたお客様の氏名と正確な住所が記載されている銀行口座の取引明細書をスキャンしたもので、3ヵ月以内のもの
  • 申し込み時に使用されたお客様の氏名と正確な住所が記載された完全な賃貸契約書のスキャンした写しと、家主の名前で3ヵ月以内に発行された公共料金の請求書

(引用:https://payoneer-japanese.custhelp.com/app/answers/detail-eb/a_id/34879)

が必要になります。どれも皆さんの手元にあって、すぐに揃えられる書類です。

 

一方の法人の場合には、

法人確認書類の写し(以下のいずれか)

  • 登録証明書
  • 登記簿謄本
  • 組合契約書
  • 納税証明書
  • 営業許可証

 

法人所在地の確認書類(以下のいずれか)

  • 申し込み時に提供された法人名と正確な所在地が記載された、最近の公共料金の請求書の写し (3ヵ月以内のもの)。例:ガス、水道、電気、固定電話、インターネット、ケーブルテレビ
  • 申し込み時に提供された法人名と正確な所在地が記載された、登記簿謄本の写し。
  • 申し込み時に使用された法人名と正確な住所が記載された、最近の銀行口座明細書の写し (3ヵ月以内のもの)
  • 法人名と所在地が記載された完全な賃貸契約書の写し

 

個人情報(正式な代表者)

  • 氏名
  • 生年月日
  • ID(身分証明書)番号
  • 国籍
  • 居住国

 

委任状の写し(実質的支配者(UBO)ではない場合、以下のいずれか)

  • 当該アカウントにおける取引担当者として設定されるべき代表取締役の公印の入った公式文書
  • 会社の法定代理人として委任されていることを明記した、代表取締役が署名した会社の公式文書。
  • 法定代理人の氏名が記載された公的な会社登記書類。

 

ID(身分証明書)の写し(以下のいずれか)

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 在留カード(写真付き)
  • 特別永住者証明書(写真付き)

 

実質的支配者(UBO)全員の個人情報

  • 氏名
  • ID記載の現登録住所
  • 生年月日
  • 国籍
  • ID(身分証明書)番号
  • 出資比率

 

実質的支配者(UBO)のID(身分証明書)の写し

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 在留カード(写真付き)
  • 特別永住者証明書(写真付き)

 

取締役・パートナーの個人情報(最大10名)

  • 氏名
  • ID記載の現登録住所
  • 生年月日
  • 国籍

(引用:https://payoneer-japanese.custhelp.com/app/answers/detail-eb/a_id/34879)

といった書類が必要になっていきます。個人と違い、法人のアカウント開設の際には用意する書類が若干多くなります。

 

ただ海外で法人用の銀行口座を開設する際にはさらに必要な書類と手間が増えます。基本的に現地の言語の書類でないと受理されませんので、例えばアメリカの銀行で法人口座を作る場合には、決算書などを英訳して提出しなければなりませんので、そういう手間を考えるとペイオニアで開設する方が断然早いです。

 

必要な書類が揃いましたら、登録の手続きに入っていきます。まずは、ペイオニアの公式サイト(https://www.payoneer.com/ja/)にアクセスします。そうしますと、正面のページに「今すぐ始める」というボタンがありますので、それをクリックするか、右上の「新規登録」というボタンをクリックしてみてください。

 

ペイオニアアカウント作成時の質問

 

「今すぐ始める」などのボタンをクリックすると、どんな事業を行っているのか、誰から売上をもらっているのか、月の売上額などが質問される画面に移ります。皆さんが行っているビジネス、あるいはこれから行おうとするビジネスと照らし合わせながら質問に答えてください。

 

ペイオニアは、皆さんのビジネスの形態に合致したサービスを提供するために質問を行っきます。質問への回答が完了すると、個人情報の入力を行っていきます。その際には、個人でアカウントを作成することもできますし、法人でも作成可能です。

 

ペイオニアアカウント作成-入力フォーム

 

必要事項の入力が完了すると、審査がスタートします。審査は3営業日前後行われ、完了し審査を通過すると「あなたのPayoneerアカウントは正常に承認されました」というメールが届きます。晴れてペイオニアアカウントの開設が完了して送金や受け取りを行うことができます。

 

またペイオニアのアカウントを通じて誰かに支払いを行うメイク・ア・ペイメントのサービスを利用する際には、別途で審査とマイナンバーの提出が必要です。

 

 

まとめ

ペイオニアのサービスの概要から各手数料、アカウントの開設の仕方まで徹底解説してきました。ペイオニアを活用することで、海外の事業者・お客様などとのお金のやり取りが円滑になっていきます。

 

既に海外でビジネスをやっている人・これから海外でビジネスを行おうと考えている人、あるいは、海外のプラットフォームを活用したビジネスを行う人にとってピッタリなプラットフォームです。皆さんのビジネスの選択肢の1つとして、ペイオニアの活用も考えてみてください。最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

【●●の時代襲来!】海外の恩恵を最大限受け取るライフスタイルの構築方法とは?

今回は、ペイオニアついて詳しく解説してきましたが、活用次第では今まで大きくかかっていた送金の手数料をグッと抑えることができます。ただ、送金の手数料を抑えることができたとしても、それ以外にどうしても払わないといけないものがあります。

 

そうです、税金です。どんなに送金手数料を抑えることができたとしても給与や売上、代金などを受け取ると税金を納める必要があります。ビジネスを行う以上どうしても付きまとう問題ですが、もし皆さんが税の対策を行っていないのであれば、大きく損している可能性があります。

 

事実、海外の大企業や富裕層の人たちは、節税を行っているため手元に多くの売上や資産を残すことができています。例えば、皆さんもよくよく知っているGoogle節税対策を行なっている企業の1つです。Googleは世界各地でサービスを提供しているため、売上も莫大なものになっています。一見するとかなりの税を納めているように思うかもしれませんが、実は税の負担を限りなく小さくしています。

 

Google本社はアメリカにありますが、商品の販売・提供を行う会社・収益を受け取る会社を別の国に設置しています。しかも、法律や税制によって税金が小さくなる国に会社を設置しているため税金の支払いを抑えることができています。

 

世界の富裕層と呼ばれる人たちは、単にビジネスで節税を行うだけに限らず、様々な国の制度を上手く活用して最大限に恩恵を受け取っています。例えば、海外移住に関しても福祉制度や補助金などが日本以上に充実している国は、欧米各地にあります。

 

確かに、ビジネスを行うのも、税を納めるのも、住むのも日本で完結してしまうのも良いですが、一歩外の海外に出ることで思いもよらぬ副産物を得られる時代になっているのです。しかしながら、折角恩恵を受け取れるにも関わらずそれに気づいていない日本人は多いです。汗水垂らして働いたとしても結局高額な税金を取られたり、高額な医療費を支払ったりしてまいもったいない人たちが多いです。

 

『でも、海外法人とかどうすればいいか分からないですよ…』『海外移住したいけど、どこに移住すれば…』と本当はやってみたいけど、どうすればいいか分からない人もいると思います。でも安心してください。

 

「ポケットビジネススクール」の校長を務める河本真という1日3時間しか働かない経営者は、海外法人の節税スキームから子どもに最適な海外移住先、ビザの取得方法など海外進出の知識にかなり精通しています。

 

河本真とは、22歳の時に自動化ビジネスの構築して、それ以来大好きな家族と世界中を飛び回る経営者です。過去にはテレビや新聞、雑誌などにも取り上げられ、さらには、ビルゲイツさんやスティーブ・ジョブズさんらも登壇したTEDに登壇した経験もある方です。

※証拠

 

そんな河本真が発行するメールマガジンでは、日々海外節税や海外移住、海外の富裕層の情報など海外の恩恵を活用するのに役立つ情報がシェアされています。実際に河本真のメールマガジンでは、日本にいながらも海外口座を開設する方法を無料でシェアしています。

 

※証拠 

海外口座を開設する方法について

※既に、プレゼントキャンペーンは終了しています。

 

これからの時代は、1つの国に依存したライフスタイルを送るよりも自身と相性の良い国をうまく組み合わせて、自身のライフスタイルを構築した方が、大きな恩恵を受け取ることができます。

 

  1. 国籍(市民権)のある国
  2. 住所のある国
  3. ビジネスを行う国
  4. 資産運用を行う国
  5. 余暇を過ごす国

 

これらを1つでも日本以外にするだけで皆さんが受けられる恩恵が変わります。例えば日本の銀行口座はメガバンクで年利0.001%ですので預けてもほとんど増えませんが、東南アジアなどの銀行では年利5%以上のところもあります。海外の各国で受け取れる恩恵を上手く組み合わせるだけで、金銭的は無論心身ともに豊かなライフスタイルを実現させることが可能です。

 

一連の海外での節税スキームや海外移住のノウハウの一部は、この後紹介する完全無料のメールマガジンでシェアしていますが、完全版は河本真が校長を務める「ポケットビジネススクール」のメンバーだけにシェアしています。

 

「ポケットビジネススクール」では、自分がいなくても自動で回るビジネス構築術を学べるビジネススクールで、実際に1日3時間しか働かない河本真が長期的に収益を上げながらも、なるべく働く時間を最小限にするビジネスを伝授します。

 

海外進出に関するノウハウ・テクニック、「ポケットビジネススクール」や河本真の詳細については、完全無料メールマガジンをシェアしています。金銭的にも精神的にも豊かなライフスタイルを送るために、海外の様々な恩恵を受け取りたい人は登録をオススメします。

 

既に、2500人以上もの人が登録しているため、もしかしたら登録を締め切る可能性も出てきていますのでお早めに登録をお願いします。

 

【締切間際】誰も教えてくれない海外の恩恵を120%受け取る秘密のマインドの真相↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest

豊かさと幸せをドンドン増やしたい人に
オススメの記事はコチラ!

【9,800円相当プレゼント】毎月30-50万円を自動で生み出す
不労所得ビジネスモデル(幸せ付き)厳選3

【9,800円相当プレゼント】
毎月30-50万円を自動で生み出す不労所得ビジネスモデル(幸せ付き)厳選3